FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホステル99~中欧周遊編(32)

2019年1月18日
チェスケ-ブディェヨヴィツェ~チェスキ-クルムロフ



DSC09696_convert_20191212094606.jpg
世界遺産 チェスキ-・クルムロフ歴史地区 (1992年登録)
DSC09705_convert_20191212094945.jpg
チェスキ-・クルムロフ城


1時間以上にも及ぶ苦難の宿探しの末、ようやく辿り着いたこのホステル99。
『世界で最も美しい町』の一つとして称されるここチェスキ-・クルムロフは、2日前に訪れたテルチとは全く比べものにならない程、多くのツ-リストで賑わっていた。
そして、中でも中国、韓国系のアジア人の姿がやたらと目につく。
この賑わいに附随して、ホテル、ペンション、ホステルの数も多く、当初宿探しの心配は全くしていなかった。
どれだけでもいい宿に、どれだけでも安く・・。
そんな完全に泊まる側優位の展開を予想しながら、目指す宿へと一目散に向かう。

ホステル・メルリン。
玄関のドアが開いたので一声かけ中に入り、勝手に階段を上り、2階の受付を訪ねてみる。
しかし何度呼び鈴を押したり叫んだりしてみても、一様に反応はなかった。
時間を変えてこの後5度程訪れてみたが、怪しげな男性客が1人居ただけで、結局受付の人に会うことは出来なかった。
しかし宿は他にいくらでもありそうなので、未だ心配には至っていない。

目につくペンションを片っ端からあたってみるが、どこも値が1000Kčを超え、予算に合わない。
仕方なく先程訪ねていたペンションへと戻り、『提示されていた40€で妥協しようか・・』と未だ上から目線で再交渉を試みる。
しかし腹の底を見抜かれたのか、今度は一方的に見放されてしまった。
何だこれは!ヤバい展開になってきたぞ・・。
事態は思いの外厳しく、泊まる側優位というその考え自体が間違っていたことにようやく気付く。

そして僕らはついに最後の可能性を残すのみとなった。
僕らが向かった先は、旧市街の北の端にある宿、ホステル99。
先程観光案内所で教わった町中の人気ホステルを断られているだけに、ホステルは当然一杯だろうなとあまり期待はしていなかった。
玄関のベルを押すと、直ぐに応答があった。
これで交渉は出来る、後はベットに空きがあるかだけだ。
早速、2人泊まりたい旨を申し出る。
ダブルはないらしく、トリプルなら1200Kč、8人ドミなら1ベット400Kčだとスピ-カ-越しに返答が来た。

これで一先ず泊まれることは確定した。
ドミのくせに1人400Kčは高いなと嘆きながらも、泊めてもらえるだけでも有り難いと思った。
・・そして現在17時半。
ドミはおろか、個室にすら宿泊客の姿はない。
おそらくこのホステルには今現在、僕ら2人以外に宿泊客はいないような気がする。
かれこれ2時間近く、共同キッチンに居座り、僕はビ-ルを飲み続けている。
大変だった宿探しも、今となっては既にいい思い出だ。

DSC09685_convert_20191212094000.jpg
15世紀の古い建物を利用した宿、ホステル99


チェスケ-・ブディェヨヴィツェの宿を今朝9:11にチェックアウトした。
この非常に言い難い町名は結局最後まで覚えることが出来なかったし、そもそも無理に覚えようともしなかった。
この宿はバスタ-ミナルに近く立地は良かったが、部屋はタバコ臭く、居心地は良くなかった。
バスタ-ミナルに着くと直ぐに発車する便があり、9:20に町を発つ。
そして僅か30分の乗車で、本日の目的地チェスキ-・クルムロフに到着。
DSC09670_convert_20191212093821.jpg
チェスキ-・クルムロフ到着  ※韓国人学生グル-プが民族衣装を着ていた
DSC09671_convert_20191212093835.jpg
世界で最も美しい町

1時間以上にも及ぶ苦戦の末、ようやく決まった本日の宿。
共同キッチンで少し休んだ後、早速町歩きに出かける。
石畳が敷かれた趣のある旧市街は多くの観光客で賑わい、今がロ-シ-ズンであるとは思えない程であった。
DSC09674_convert_20191212093846.jpg
町のシンボルが目に留まる
DSC09679_convert_20191212093910.jpg
ようやく見つけた宿、HOSTEL99
DSC09676_convert_20191212093857.jpg
8人用ドミトリ-
DSC09681_convert_20191212093920.jpg
15世紀の建物に泊まることすら貴重な体験
DSC09682_convert_20191212093931.jpg
旧市街の北入口、ブディェヨヴィツェ門  ※宿近く
DSC09684_convert_20191212093941.jpg
宿近くの橋からチェスキ-・クルムロフ城を一望
DSC09687_convert_20191212094011.jpg
旧市街の石畳

入場料を払い城の塔へと上り、この美しい町全体を眺めてみる。
赤で統一された瓦屋根は新雪をまとい、綺麗な純白に染まっていた。
蛇行するヴルタヴァ川に架かる橋が集落と集落をつなぎ、町は一体化している。
世界で最も美しい町・・。
少し大袈裟な呼称だが、この景色は確かに見るに値する。
DSC09688_convert_20191212094021.jpg
城の塔
DSC09691_convert_20191212094033.jpg
赤い門
DSC09692_convert_20191212094043.jpg
第2の中庭
DSC09694_convert_20191212094524.jpg
塔からの眺め
DSC09701_convert_20191212094633.jpg
スヴォルノスティ広場周辺
DSC09703_convert_20191212094649.jpg
テルチのような面構え
DSC09708_convert_20191212094819.jpg
雪がなければもっと鮮やかだろうが、雪景色でも充分素敵
DSC09709_convert_20191212095409.jpg
塔内部

冬期閉鎖の為、城の中へ入ることは出来なかったが、城の敷地内の散策は自由。
場所が変わるだけで見える景色は自ずと変わり、とても楽しめた。
広場の観光案内所で明日のバス時刻を教わり、ここで予約可能だと知り、即明日のバスチケットを購入。
8時発は残り僅か3席しかなかった。
DSC09714_convert_20191212112250.jpg
庭園方面からの眺め
DSC09715_convert_20191212095447.jpg
つらら
DSC09718_convert_20191212095514.jpg
雪で作った子猫ちゃん  ※誰が作ったか知らないがセンス抜群
DSC09719_convert_20191212112306.jpg
川の畔から城を見上げる
DSC09720_convert_20191212112317.jpg
聖ヴィ-ト教会  ※1439年建築
DSC09721_convert_20191212112326.jpg
初期バロック様式の祭壇

町の外周りを歩き、ス-パ-で買い物をして一旦宿へと戻る。
キッチンでペットボトルのビ-ルを飲みながら、ナナの日記の面倒をみる。
明らかに飲み過ぎではあるが、後2、3日しか飲めないと思うとつい暴飲してしまう。
DSC09724_convert_20191212100054.jpg
チェスキ-・クルムロフ城
DSC09725_convert_20191212100104.jpg
町の地図
DSC09733_convert_20191212100121.jpg
昨日のビ-ルを片付けたら
DSC09734_convert_20191212100135.jpg
本日のノルマ登場  ※冷蔵庫で冷やしていたので尚美味い

その後は夜の散策に出かける。
想像とは異なり、昼間の賑やかさは薄れ、少し寂しいくらい町はひっそりとしていた。
宿に戻り、シャワ-を浴び、キッチンで夕食作り。
このキッチンには醤油、カレ-パウダ-等調味料があり、米を炊いてカレ-チャ-ハンを作る。
昨日の残りのペンネを茹で、ブツ切りにしたパンを焼いて具材にし、インスタント麺の粉末で味を付け、ついでにもう一品作った。
こうした夕食作りも中々いい思い出となり、結構楽しいものだ。
DSC09740_convert_20191212100457.jpg
夜の町を散策
DSC09753_convert_20191212100525.jpg
キッチンで夕食作り
DSC09756_convert_20191212100541.jpg
ご飯も上手に炊けた
DSC09760_convert_20191212100705.jpg
今夜のメニュ-はカレ-チャ-ハンと味付けペンネ


チェスキ-クルムロフ・HOSTEL99泊-800Kč


バス(チェスケ-~チェスキ-クルムロフ大人32Kč、子供9Kč) 宿代(400Kč×2) 城の塔(大人150Kč、子供110Kč) バス(チェスキ-クルムロフ~プラハ大人195Kč、子供48Kč) ス-パ-マ-ケット(ビ-ル2㍑34.9Kč、オレンジジュ-ス2㍑7.4Kč、パインヨ-グルト6.9Kč、米400㌘14.9Kč) ポストカ-ド(10Kč)  計1418.1Kč
スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1125-d35b146f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT