FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チェコのビ-ル~中欧周遊編(31)

2019年1月17日
テルチ~チェスケ-ブディェヨヴィツェ



DSC09645_convert_20191210220820.jpg
ビ-ルの町のモニュメント  ※バドワイザ-の名はこの町のビ-ルに由来する


『チェコ』と言えば、『ビ-ル』。

『ビ-ル』と言えばこれまでは『ドイツ』かと思っていたが、今回の旅で、僕の中では『チェコ=ビ-ル』と定義付けされた。
元々チェコのプルゼニュは、ピルスナ-ビ-ル発祥地でもある。
ピルスナ-ビ-ルとは下面発酵(ラガ-タイプ)のビ-ルのことで、1842年にプルゼニュで誕生した。
ボヘミアの軟水と大麦、ホップが合わさることで、これまでにない淡い黄金色のビ-ルが奇跡的に生まれたのだ。

昨年の東欧の旅でも2㍑ビ-ルをよく飲んでいたが、今回の中欧の旅でも、チェコに入って以来からだろうか、1.5㍑か2㍑のビックボトルを1日1本ノルマとして飲んでいる。
明らかに飲み過ぎのような気もするが、やはりこれくらい飲むと、さすがに飲んだ気にはなる。
値段が安いことでつい調子に乗っているが、最近では腹も出て、無駄なぜい肉も付いてきた。
それは鶏の丸焼きばかり食べていたせいで、ポッコリお腹になったナナも同様である。
二人とも日本に帰ったらまず、ダイエットから始めなければならない。


DSC09617_convert_20191210220532.jpg
朝食は昨夜の残り物
DSC09618_convert_20191210220543.jpg
使い勝手の良いキッチンだった
DSC09619_convert_20191210220552.jpg
キッチンに隣接したダイニング  ※結局僕らだけの貸し切り
DSC09620_convert_20191210220602.jpg
モンステラは2階まで伸びていた

10時に宿をチェックアウトし、まだ時間もあるので見納めに広場の光景を目に焼きつけておく。
そして鉄道駅隣にあるバス停へと向かい、ブルノからやって来るバスを待つ。
するとバスは昨日僕らがここに到着した時刻ぴったりに姿を現した。
運転手も昨日と同じで、最前列に乗っていたスカ-フを頭に巻く年配女性も昨日と同じ席に座り、到着後最初に降りてきた。
そしてバスは10:43、定刻通りに発車。
このドライバ-、実に仕事が完璧過ぎる。
DSC09624_convert_20191210220614.jpg
スグラフィットの手法で装飾された建物は、張り出し窓が特徴的
DSC09625_convert_20191210220623.jpg
テルチを見納め

バスに乗りちょうど2時間で、チェスケ-・ブディェヨヴィツェに到着。
この非常に言い難い都市名は結局最後まで覚えれなかったし、覚えようともしなかった。
バスタ-ミナルはショッピングセンタ-の屋上にあり、エスカレ-タ-で1階へと下り、外へ出ると直ぐに目指すホテルが目についた。
大型ホテルなのでまず泊まれるだろうとは思っていたが、チェックインは14時からとのこと。
受付に荷物を預け、早速町へと観光に出る。
テルチのド田舎から来た旅行者にとっては、町に活気があるだけでもテンションは上がった。
広場のベンチに座り、パンとポテトチップスで軽い昼食を済ます。
僕らの周りに鳩が群がり、パンのおこぼれを期待して、鳩はせわしなく首を突き出していた。
その後旧市街をブラブラと歩き、大聖堂を見学し、一旦ホテルに戻り、チェックイン。
DSC09630_convert_20191210220648.jpg
プシェミスル・オタカル2世広場
DSC09632_convert_20191210220700.jpg
サムソンの噴水
DSC09633_convert_20191210220734.jpg
バロック様式の市庁舎
DSC09638_convert_20191210220747.jpg
木造の橋
DSC09641_convert_20191210220800.jpg
聖ミクラ-シュ大聖堂と黒塔(左)
DSC09643_convert_20191210220810.jpg
祭壇の天井画
DSC09646_convert_20191210220830.jpg
ホットドック屋台
DSC09647_convert_20191210220840.jpg
ショッピングセンタ-

エレベ-タ-で6階へと上がり、62ABのドアを開ける。
すると中に62Aの部屋と62Bの部屋と、トイレ室とシャワ-室があった。
僕らの62Bの部屋へは先程62ABのドア開けた鍵と同じ鍵を使用する。
・・ということは62Aと62Bは同じ鍵。
これではセキュリティ-は無いに等しく、ある意味ドミと変わらない。
それに館内は禁煙のはずなのに、部屋に入ると何故かタバコ臭くて一気に気が滅入った。
DSC09648_convert_20191210220851.jpg
宿泊ホテル  ※バスタ-ミナルも近くて便利
DSC09650_convert_20191210220902.jpg
館内禁煙なのに、何故部屋がタバコ臭いのだ
DSC09652_convert_20191210220913.jpg
ショッピングセンタ-の屋上がバスタ-ミナル

部屋で少し休んだ後、ショッピングセンタ-に寄り、夕食の材料を買い込む。
一旦ホテルに戻り、買った食材を部屋に置き、再度町へと繰り出す。
せっかくなので、夜の町も見ておきたいと思ったからだ。
しかし昨日のテルチ程ではないが、若干夜景が見れた程度で、期待外れに終わった。
DSC09655_convert_20191210220924.jpg
レッドブル車
DSC09656_convert_20191210220934.jpg
ライトアップされた市庁舎
DSC09661_convert_20191210220946.jpg
何故か部屋は薄暗い

ホテルに戻り、共同キッチンで早速夕食作りを始めようとしたが、鍵を開けてキッチンの中に入ると、入れ墨を入れ上半身裸の厳つい大男が3人、テ-ブルを占領し何やら盛り上がっていた。
明らかにタバコ臭かったから、鍵を閉め、隠れてタバコでも吸っていたのだろう。
ギャングのようなかなりヤバそうな見た目だったので、僕も一瞬身構えた。
堪らず1階の受付に行き、別フロアのキッチンの鍵を貸してくれ!と申し出る。
しかし貸してもらえず、仕方なしにギャング達が支配するキッチンへと戻ることに。

恐る恐る鍵を開け再びキッチンに入ると、隠れタバコのことを告げ口されると思ったからか、彼らは服を着て、少しは迫力を抑えてくれた。
結局彼らは日雇い労働者で、このホテルを住居とし、3人で共同生活をしているようだった。
怖い見た目とは違い、コンロの使い方を教えてくれたり、自分達の作ったハム料理やパンを分けてくれたり、意外にも優しく対応してくれた。
今日も鍋で米を炊き、お決まりのペンネも勿論作る。
タバコ臭い部屋に料理を運び、今夜も二人ともお腹一杯になった。
DSC09662_convert_20191210220958.jpg
共同キッチンで調理
DSC09669_convert_20191210221017.jpg
今日のペンネは美味く出来たかな


チェスケ-・HOTEL U NADRAZI泊-680Kč


バス(テルチ~チェスケ-大人130Kč、子供32Kč) ポストカ-ド(6Kč) ホットドック(12Kč×2) 宿代(680Kč) ス-パ-マ-ケット(いちごヨ-グルト7.9Kč、ペンネ400㌘6.8Kč×2、土産用グミ9.9Kč×3、トマトソ-ス500㌘12.9Kč、パプリカ赤大1個16.2Kč、ビ-ル2㍑31.9Kč、ソ-セ-ジ400㌘21.8Kč)  計1006Kč
スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1124-c8410919

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT