FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

韓国人JKをホ-ムステイに迎えて

韓国人の高校生18人(うち女子16人)を高山市に招くというインタ-アクト事業の一環で、韓国の女子高生(JK)が1人、我が家に2泊3日の日程でホ-ムステイした。8/2(金)、1日目。夜7時、歓迎式典が行われていた高山市内の某ホテルに出向き、式典終了後、待合室のテ-ブルにて受け入れる韓国人JKと初対面。互いに緊張する中、この日はそのまま彼女を伴い帰宅し、庭で子供と花火などを楽しんだ。もともと今回の受け入れは我が家のJK、高3の穂乃花(第3子)と高1の嶺花(第4子)の強い要望があってのものだった。特に穂乃花は韓国にかなりはまっており、僕が夜遅く帰宅すると、いつもリビングで一人韓国ドラマを見ている具合だ。さすがは数週間前からずっと待ちわびていただけはあり、この日は深夜1時まで穂乃花の部屋でJK3人仲良く過ごしていた。

そして、2日目。当初、『君の名は。』の聖地でも案内しようかと思っていたが、それではつまらないと娘に言われ、JK3人を高山まで送っていく。ショッピングセンタ-でプリクラを撮ったり、タピオカドリンクを飲んだり、買い物やボ-リングなどをして楽しんだらしい。丁度この夜は子供会の夏合宿があり、残された4人(JK3人と僕)で、夕食に手巻き寿司パ-ティ-をする。穂乃花がスマホで韓国の歌を流し、雰囲気は中々いい感じ。彼女は寿司が大好物らしく、初めての手巻きに大喜びし、沢山食べてくれた。今朝まではどこかぎこちなかった娘2人も今日一日彼女と行動を共にしたことで、少しは打ち解けたようだ。ちなみに夕食時穂乃花が『韓国と日本では年齢が違う・・』とへんなことを言ってきた。何を言っているのか訳が分からなかったが、さすがは韓国好きなだけはあり、その情報は正しかった。韓国人の彼女は18歳らしいが、韓国では出生時を1歳としてカウントする為、日本で言えば実質17歳となる。
IMG_0915_convert_20190806165048.jpg
手巻き寿司パ-ティ-

夕食を終え、町内の公民館まで闇夜を歩いていく。街灯すらロクにないその道中、陽気でお調子者の嶺花は彼女の足下をスマホで照らしながら歩き、『グットステ-ジ!』と何度も叫んでいた。その行動が実に面白かったらしく、韓国人の彼女はその特別扱いに遠慮しつつも大爆笑。この闇夜のグットステ-ジが3人の距離を更に近付けていた。子供会の夏合宿の会場となる公民館に着くと、韓国好きの嶺花の後輩(中2女子)が本物の韓国人に会えたことを凄く喜んでいた。我が家に韓国人JKがホ-ムステイするということは知っていたようで、早く会いたいなと嶺花に催促が来ていたのだ。酔っぱらったその母親も混じり、韓国人の彼女を囲み、場はかなり盛り上がっていた。家へと再び闇夜を歩き、この日も結局深夜までJK3人で過ごしていたようだ。
TVTL6698_convert_20190806130502.jpg
韓国人JK(左)と穂乃花、嶺花

そして3日目の最終日を迎える。朝食後、穂乃花、嶺花、一花(第7子)と共に彼女を高山駅まで送り届ける。バスは既に待機し、9時のお別れを迎えた。我が家のJK2人は別れ際目に涙を溜め、韓国人の彼女も別れを惜しみ、出発ギリギリまでバスに乗ろうとしない。この感動のシ-ンを見て、今回のホ-ムステイの受け入れは大正解だったものと実感した。嶺花は英語でも充分通用するのに、恥かしいのか自信がないのか積極的に英語で語りかけることなく、穂乃花共々スマホの翻訳機能に頼る場面が多かった。帰路、『来年も是非受け入れたい・・』と娘2人に強く要望されたが、言葉は通じなくてもスマホで簡単に意思疎通出来るからこそ、娘も大船に乗った気でいられるのだろう。しかし、本来はそうでない。便利な世の中は何かを妨げているのは確かであり、僕がスマホを持たない理由もそこにある。次回以降、出来ればこの期間だけでもスマホ禁止とした方が、本当はいいのかもしれない。
スポンサーサイト



| 思い出 | 16:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1091-c1126ada

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT