FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海に浮かぶ竜宮城~姫路・広島の旅(3)

【日時】平成21年11月23日(月)
【場所】宮島~西宮名塩SA



3日目

日本三景・宮島。世界文化遺産・厳島神社の浮かぶ島。宮島口よりフェリ-で海を渡り、この島に来た。島に到着するなり、野放しされた鹿の歓迎を受ける。朝方まだ潮は引いており、海底の海草、微生物は日干しされ、海草は鹿の餌となる。海水は大鳥居を囲んではいるが、厳島神社までは届いていない。名物もみじ饅頭をつまみながら、島を散策。海辺に戻る頃には潮は広がり、厳島神社は竜宮城と化していた。お~スゲェ。
P1030771_convert_20091125235048.jpg
宮島への航路
P1030778_convert_20091125234911.jpg
鹿と海草
P1030788_convert_20091125235134.jpg
東廻廊(国宝)
P1030796_convert_20091125234745.jpg
世界文化遺産・厳島神社
P1030799_convert_20091125234649.jpg
満潮の大鳥居


表参道商店街。牡蠣の香ばしい香りが漂い、活気に溢れた宮島の目抜き通り。どうもこの島は杓子が名産のようだ。いたる所に様々な杓子が置かれている。杓子ハガキを買い、子供達に三重のジジババ宛に便りを書かせる。きっと送られた側もびっくりだろう。宮島の大杓子、これは世界一の大杓子だとか。
P1030801_convert_20091125235235.jpg
広島東洋カ-ブ優勝記念
P1030809_convert_20091125234400.jpg
世界一の大杓子

町家通り。ここには昔ながらの風情が残っている。旦那に先立たれ近々閉店するという杓子屋で、宮島の長寿箸を土産用に買い込む。
P1030812_convert_20091125234214.jpg
町家通りと五重塔

充実の宮島滞在を終え、再びフェリ-に乗り込む。船上から望む宮島競艇、別にもういいな。
P1030815_convert_20091125234023.jpg
宮島松大汽船

さてと。ここから一気に650km先まで帰るぞ。順調に高速を走り、吉備SAで休憩。桃太郎の童謡が流れ、売店では名物きびだんごが売られていた。再び高速。快調に車を飛ばし、旅は終焉を迎えようとしていた。『エッ!』 突然見たくない文字が目に飛び込んできた。『宝塚30km渋滞』。気の短い僕は、気の長い妻に運転を任せ渋滞に挑む。テレビのニュ-スでは見た事があるが、まさか自分達がその場に遭遇するとは夢にも思わなかった。明日は学校も仕事もあり、何とか帰りたい。2時間かけて20km進んだ、あと10kmだ。しかし、渋滞はこの区間だけではなかった。その先大阪で5km、京都で11kmとの渋滞情報が待っていた。是は無理だ。西宮名塩SAに逃げ込み、停滞する事にする。気の長い妻も完全に疲れきっていた。



ブログランキングに参加中。1日1クリックのご協力をお願い致します。→にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| 日本の旅 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/109-1557c2dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT