FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

親子で楽しくクッキング~中欧周遊編(15)

2019年1月3日
スプリット~トゥロギ-ル~スプリット



DSC07961_convert_20190718194022.jpg
世界遺産 古都トゥロギ-ル (1997年登録)  ※トゥロギ-ル北門


クロアチアに入って以来、幸いにもキッチン付きの宿に恵まれ、最近調理が楽しくて仕方ない。
面倒くさがりな僕は家ではまず料理は作らないが、旅先では時間はたっぷりあるし、何より自炊だと断然安上がりに済ませられる上、お腹一杯になるという大きな利点がある。
昨夜手さぐりで作ってみた、初ペンネ(『ペンネ』という料理名は帰国後に調べて知った)。
茹でただけだとトマトソ-スと完全に絡み切っておらず、お世辞にも美味いとは言えなかった。

しかしその夜ベットの中で、アッシジ(イタリア)で食べた自販機のペンネのことをふと思い出す。
あのペンネには具は何も入っていなかったが、やけに美味かったな。
それに、食べ終えた後、確か皿には油が残っていたような記憶もある。
そうか油で炒めればいいのか・・と夢の中で結論付け、翌朝一か八かで昨夜の茹で残りを炒めてみることに。
昨夜焼いていたソ-セ-ジは塩辛過ぎてとても食べれたものではなかったので、ブツ切りにして茹でたペンネと混ぜる。

次第にペンネの色艶も良くなり、ソ-セ-ジの塩気が逆にペンネに味をつけ、丁度良い味加減のペンネが完成した。
おっ、これだ!
あの時食べた自販機の味に限りなく近付いたと大喜びし、朝から二人ともお腹一杯になった。


1ヶ月で9ないし10ヶ国を回ろうとしている僕らの旅のスタイルからして、連泊はほとんどない。
何年もかけて世界を巡る長期旅行者からすれば、きっと有り得ない程急ぎ足の行程に映るだろう。
今日は貴重な連泊2日目ということで、アラ-ムをかけない、のんびりとした起床とした。
しかしそれでも6時には自然と目が覚め、結局は普段とたいして変わらなかった。
DSC07892_convert_20190718193232.jpg
連泊の朝
DSC07893_convert_20190718193308.jpg
昨夜の残り物を調理
DSC07898_convert_20190718193320.jpg
ペンネ  ※見た目はともかく、味は良くなってきた

充実した朝食を済ませた後は、昨日見れなかった旧市街の観光処を見学しておく。
大聖堂、鐘楼、洗礼室・・。
鐘楼の階段は簡素なもので鳥肌が立つ程怖かったが、高度が高いだけはあり、頂上からの眺望は良かった。
ここスプリットはジブリ作品の『魔女の宅急便』や『紅の豚』のモデルともなっているらしく、そう言われれば確かにどこかで見たことのある景色にも思える。
その後一旦部屋へと戻り、ナナにポストカ-ドを書かせ、いよいよ今日の目的地、近郊の町トゥロギ-ルへと向かう。
DSC07911_convert_20190718213847.jpg
13世紀に造られた扉  ※キリストの生涯を描いた新約聖書の28場面が彫られている
DSC07907_convert_20190718193358.jpg
大聖堂内部
DSC07904_convert_20190718193337.jpg
宗教画
DSC07905_convert_20190718193346.jpg
白い石灰岩の祭壇
DSC07922_convert_20190718193515.jpg
大聖堂に隣接する鐘楼の頂上
DSC07920_convert_20190718193453.jpg
アドリア海とスプリットの町並み
DSC07914_convert_20190718193415.jpg
銀の門
DSC07917_convert_20190718193439.jpg
洗礼室
DSC07927_convert_20190718193548.jpg
洗礼室内部
DSC07928_convert_20190718193600.jpg
洗礼盤には中世クロアチア国王クルシェミル4世が彫られている
DSC07933_convert_20190718193647.jpg
ハ-バ-越しに見る旧市街

スプリットのバスタ-ミナルから11:30発のビックバスに乗り、30分で目的地へと到着。
この町はスプリットの20km西に位置し、”古都トゥロギ-ル”として1997年世界遺産に登録された。
紀元前385年頃、ギリシアの植民地として建設され、元々はクロアチア本土と陸続きだったが、敵の侵略に備えて水路が造られ、人為的に本土と隔てられるようになった。

本土にあるバスタ-ミナルから橋を渡り、トゥロギ-ルの旧市街へと入る。
旧市街(島)自体はたいして広くないので、気の向くままに、小路を適当に歩いてみた。
細い路地が複雑に入り組む様子はヴェネツィアにも似ているが、迷子になるようなことはない。
旧市街には古い教会や要塞などかなり古そうな建物が幾つか目に付いたが、僕のガイド本では情報は無いに等しく、何を見るべきなのか、一体それが何なのか、この時知る術はなかった。
DSC07939_convert_20190718193735.jpg
イヴァナ・パヴラ広場の時計塔  ※15世紀の建造
DSC07941_convert_20190718193805.jpg
クロアチアを代表する教会、聖ロヴロ大聖堂  ※13~15世紀の建造
DSC07942_convert_20190718193814.jpg
ツ-リストはほとんどいない
DSC07945_convert_20190718193857.jpg
情報がなく、どこが見所なのかさっぱり分からない
DSC07946_convert_20190718193909.jpg
カメルレンゴの砦  ※15世紀の建造
DSC07950_convert_20190718193921.jpg
対岸にトゥロギ-ル旧市街
DSC07954_convert_20190718193941.jpg
趣きのある石畳
DSC07957_convert_20190718193956.jpg
宿も有りそうだ
DSC07959_convert_20190718194008.jpg
羽の生えたライオン

一通りトゥロギ-ルの旧市街を歩いた後、本土のス-パ-を物色し、世界遺産トゥロギ-ルを後にする。
来た時とは違う37番の市バスに乗れたはいいが、値段が安い分、こちらは各駅停車で余計に時間ばかりかかってしまった。
その上、スプリット到着後降ろされた所がどこなのか全く分からず、迷った挙句、何とか旧市街へと戻ることが出来た。
DSC07964_convert_20190718194036.jpg
運河に架かる石橋  ※左が本土、右がトゥロギ-ル旧市街
DSC07967_convert_20190718194050.jpg
バスタ-ミナル(トゥロギ-ル)

スプリット最後の町歩きをしつつ、ス-パ-マ-ケットで夕食の買い出しをする。
17時前から夕食を作り始め、ビ-ルを飲んだりポテトチップスをつまみながら、1時間かけて豪華なメニュ-を仕上げた。
チキンフル(或いはアヒル?大きいし、柔らかい)をメインに、ペンネのトマトソ-ス炒め(具材はソ-セ-ジとパプリカ)、リンゴ、オレンジ、キウイのフル-ツに、プリンとヨ-グルト。
ビ-ルはトゥロギ-ルで買ってきた、クロアチアビ-ル。
通常24KNするものがセ-ルで半額になっていたもので、元々値段が高いだけはあり、いつもの安物よりも若干美味かった(ように思う)。
DSC07970_convert_20190718194103.jpg
日没
DSC07973_convert_20190718194117.jpg
ス-パ-マ-ケット SPAR
DSC07974_convert_20190718203651.jpg
ソ-セ-ジとパプリカを炒めた後
DSC07975_convert_20190718203701.jpg
茹でたペンネを混ぜる
DSC07979_convert_20190718194204.jpg
今夜は豪華に
DSC07981_convert_20190718194222.jpg
鶏(アヒル?)の丸焼きと
DSC07985_convert_20190718194239.jpg
クロアチアビ-ル

スプリットの思い出として、旧市街の町歩き以上に、キッチンでの自炊が何より心に残った。
明日は首都ザグレブへの移動日。
朝4時半起床なので、今晩は22時には床に就く。


スプリット・Rooms Denis泊-30€


大聖堂・鐘楼・洗礼室共通券(45KN、子供フリ-) ポストカ-ド(4KN×2) 郵便局(エアメ-ル5.8KN) バス(スプリット~トゥロギ-ル23KN×2) ポストカ-ド(4KN) ス-パ-マ-ケット(ビ-ル24KN→12KN) 市バス(トゥロギ-ル~スプリット大人21KN、子供5KN) ス-パ-マ-ケット(ポテトチップス150㌘4.99KN、パプリカ赤1.88KN、トマトソ-ス500㌘3.39KN、飲むヨ-グルトいちご1.99KN、チョコプリン1.99KN、チキンフル23.95KN)  計184.99KN
スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1088-8c9633f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT