FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

焼岳を味わい尽くせ(2)~硫黄卵

2006-8-6_convert_20190709172717.jpg
2006年夏、長女(当時小3)らと  ※よく卵パックで割れなかったなと今思う
2008-9-28_convert_20190709172704.jpg
2008年秋、穂乃花(当時小1)と  ※6個の内5個は娘に食べられた



・・前回の続き


込み合う北峰山頂でしばしの休憩を取る。予定より早く着くことが出来たし、今日は行程自体が長くないので、時間には比較的余裕がある。飛騨側に開けた斜面の下部に座り、正面に槍穂高、左手に飛騨の名峰笠ヶ岳を眺めながら昼食におにぎりを食べる。最近海苔は食べる時に巻くようにしているので、パリパリ感がこれまた堪らない。昨夜シマヤで買ってきた半額の唐揚げやポテチをつまみ、子供と至福の一時を過ごす。今日は雲が多いながらも眺望は良く、北ア南部の峰々を存分に楽しむことが出来た。しかし悲しくも乗鞍と笠と槍以外、あの山が何という山なのか、ある程度目星はつくものの、この時点で完全に断言出来るには至らなかった。
DSC00958_convert_20190709155840.jpg
火口湖と南峰  ※昔は普通に火口湖に下りていたが、今では公衆的に宜しくない
DSC00957_convert_20190709155819.jpg
焼岳噴火口  ※昔は覘いたりしていたが、今では『奴は馬鹿か!』と軽蔑される
DSC00959_convert_20190709155852.jpg
込み合う北峰山頂
DSC00960_convert_20190709155910.jpg
乗鞍剣ヶ峰(左)
DSC00963_convert_20190709155944.jpg
槍穂を前に束の間の一時
DSC00970_convert_20190709160024.jpg
おそらくこの位置は岐阜県側(高山市)
DSC00971_convert_20190709160038.jpg
双六岳(左)、水晶岳(中央奥)、鷲羽岳(右)
DSC00972_convert_20190709160052.jpg
野口五郎岳
DSC00978_convert_20190709160121.jpg
飛騨の稜線を一望
DSC00980_convert_20190709160139.jpg
穂高連峰
DSC00981_convert_20190709160151.jpg
槍穂高

横になって寛ぐ登山者もいる中、僕らももう少しゆっくり休んでいたかったが、この後噴煙地でも時間を割くことになる為、山頂を程々に切り上げ下山にかかる。無事肩まで下り、ここで新中の湯コ-スとは道を分けることになる。中尾峠を目指し、岩と砂地主体のガレ場に入る。右手が崖となっており、幾分注意が必要だ。僕やナナにとってはたいしたことのない斜面ではあるが、小1の大志にとっては充分怖いらしく、その要因がこの急勾配なのか、滑り易い砂地なのか、切り立った崖なのかは定かではない。所々尻を付け、超安全に下る大志。附随して時間ばかりがかかってしまい、時間の割には全然進んでいない。ナナも完全に呆れていたが、この異常なまでの用心深さは、もしかしたら大志も僕と同じ極度の高所恐怖症なのかもしれない。
DSC00977_convert_20190709160109.jpg
下山者多数
DSC00982_convert_20190709160205.jpg
立つんだ大志!  ※転んでるのではなく、怖いらしい

同じくペ-スの遅い男女ペアと何度か前後しながら、何とか噴煙地まで下りてきた。ザックを岩肌に下ろし、先程セットしておいた卵を回収する。やはり噴気は確実に弱くなっており、木の棒を使わなくても、素手で網を回収出来た。”噴気が弱い”ということは”火力に乏しい”ということになり、茹で上がり具合が心配だった。しかし大志のノロノロペ-スが幸いしたのか、いつものような完全なゆで卵に仕上がっていた。往路時にセットし、山頂を経てここまで2時間半。ここでの仕上がりは”ゆで卵”しか記憶にないが、果たして何分で取り上げればこの噴煙地で”温泉卵(白身とろり黄身半熟)”が出来るのだろうか。通りかかる登山者は誰しも僕らの卵が気になっていたようだ。子供二人はたいそう喜んで食べてくれたが、2つはあえて残し、まだ食べたことのない妻らの土産とした。以前はソ-セ-ジやキャベツなんかも茹でていたが、卵の殻のようなガ-ドがない為、これらはやらない方が無難だろう。
DSC00984_convert_20190709160217.jpg
どれどれ出来たかな
DSC00985_convert_20190709160233.jpg
噴気が弱いので心配だったが
DSC00989_convert_20190709160254.jpg
中々の茹で具合  ※昔はソ-セ-ジや野菜も茹でていたが、お勧め出来ない
[広告]


無事中尾峠まで下り、ここで上高地コ-スともお別れとなる。この中尾峠以降大志の脚取りは復活し、ようやく通常ペ-スで歩けるようになり、先程まで呆れ果てていたナナもここに来て安堵した表情を見せた。秀綱神社まで快調に下り、ここで休憩。休むにはまだ早いが、ここを逃すと休憩に適した場所がしばらくない。焼岳の余韻にふけりながらしばしの休憩を終え、いよいよラスト前の行程に入る。往路時は林道終点広場からここまで一気に来れたので、次の目的地は必然的に林道終点広場となる。”鍋助横手”や”ヒカリゴケ”、”白水の滝”と順に要所を通過。白水の滝まで来たら、目指す広場は直ぐだった。
DSC00995_convert_20190709160316.jpg
秀綱神社のイスとテ-ブルは
DSC00997_convert_20190709160329.jpg
快調な二人  ※子供の無駄話が面白かった
DSC00998_convert_20190709160340.jpg
サワラ  ※樹木名を記した看板がとても勉強になる

林道終点からは舗装された林道を下ろうかと当初思っていたが、かなり遠回りのような気もしたので、そのまま山道を直進。ここには”近道”と書かれた道標もある。大志とナナは中尾峠以降、二人でくだらない話ばかりしている。僕は最後尾でその話をニヤニヤ聞いている訳だが、話の内容はゲ-ムやアニメがほとんどで、いかにも子供らしいと思った。これが子供にとっての世間話なのだろう。2週間前の常念の時は僕と大志だけだった為、実に静かなものだったが、今日は大志に話相手がいた為か、下山時大志の口から弱音は一切出なかった。沢の音が聞こえ、やがて沢に出会う。冷たい沢水で顔を洗い、喉を潤す。ここはほぼ登山口なので、道中の水場としては頼れない。ゴ-ルとなる登山者駐車場に着くと、満杯とまではいかないが、そこそこの車が停まっていた。
DSC00999_convert_20190709160353.jpg
唯一の水場はほぼゴ-ル
DSC01002_convert_20190709160411.jpg
登山者駐車場

活火山焼岳を象徴する、硫黄臭。山頂に近付くにつれ、先ず匂いが鼻に入ってくる。やがて荒々しい噴煙が目に留まり、耳で蒸気の濁音を聞く。その蒸気で茹でた硫黄卵を口に入れ、その後、平湯温泉街で改めて本物の温泉卵を食す。そして締めは、ひらゆの森。この温泉には出来た当時から足しげく通っているが、何せこの温泉の匂いは、焼岳登山で味わう硫黄臭と全く同じだ。体全体で硫黄臭を徹底的に浴び、ようやくこれにて焼岳山行は完結。先程下山の際、擦れ違った軽トラの地元男性に登山道の状況を訊かれた。こういう地元の方々が登山道の草刈りなど手入れをしてくれるおかげで、僕ら登山者は気分良く山行を終えることが出来る。
DSC01009_convert_20190709160444.jpg
平湯温泉街で温泉卵  ※ナナは何故か黄身が嫌いらしい




令和元年7月6日(土) 天候晴れ 大志(小1)、ナナ(小6)、僕 


中尾(登山者駐車場) 6:00
林道終点広場 6:39、6:52
秀綱神社 8:05、8:27
焼岳北峰(標高2444m) 9:57、10:44
噴煙地 11:41、12:04
秀綱神社 12:40、13:00
林道終点広場 14:00、14:10
中尾(登山者駐車場) 14:39


標準コ-スタイム:7時間50分(昭文社・山と高原地図)
スポンサーサイト

| '19山行記録 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1086-221692f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT