FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『責任』のないところに 本当の喜びはない

僕は『土地家屋調査士』を生業としている。未だ認知度の上がらないマイナ-な資格ではあるけれど、士(さむらい)業で生きる端くれとして、”侍の誇り”だけは誰よりも持っているつもりで日々過ごしている。平成14年に開業して以来、不器用なりにも何とかここまでやってきたが、いつも気になっていたことがある。それは、毎年会員に配られる調査士カレンダ-のこと。そこに書いてある”今月の一言”みたいな格言が、実にいいことばかり言っているのだ。おそらく全国の調査士の大半も同感だろうとは思うが、新たな月を迎え、カレンダ-をめくり、そこで初めて目にする格言に、僕は毎度深い感銘を受けている。しかしその戒めとも言える名言も、次の月の到来とともにこれまでは当たり前のように破棄していた。しかしこんな名言を捨てるのはあまりにも勿体ない・・といつも心の片隅にあったことから、今後はこのブログを通して記事として残すこととした。どこから引用しているのかは知らないが、あまりにも的を得ている名言だけに、いつか必ず振り返る時が来ると思う。


『責任』のないところに 本当の喜びはない

それは養うべく『家族』の存在であったり、与えられた『仕事』であったりするだろう。確かに責任のない人生は楽だろうが、附随して、得るものはおそらく何もない。僕には子供7人と妻を養う義務があり、その責任がある。その生きる糧として土地家屋調査士という職業を選択し、どの案件に関しても大きな責任がつきまとう。資格で生きるプロフェッショナルとして、一切の妥協もミスも許されない。どんなに辛くても、それは責任があるが為のことであり、その先には大きな喜びが待っている。そう考えると、辛さとも意外と上手く付き合えるかもしれない。
スポンサーサイト



| 格言 | 12:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1082-5a0d1b1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT