FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第8回飛騨高山ウルトラマラソン(3)~奇跡の完走


・・前回の続き


国府のBG関門さえクリアしてしまえば、完走は現実味を帯びてくる。ここからしばらくは家族にも会えるので、その点精神的に助かっている。上広瀬の裏街道を、西田さんに時折町の解説を入れながら走る。先週の南砺では帽子の中に氷を沢山入れて走っていたので凄く気持ち良かったが、この大会の公式エイドではその期待は持てない。そう言った意味でも、繋ぎとなる私設の被り水は本当に有り難かった。踏切を渡り、国道41号線を横切る。信号待ちでようやく休めると期待していたが、運悪くこういう時に限って信号は青になる。宮川に架かる橋を渡ると、ふとそこに見たことのある顔が。アレ、何してんの?走っているはずの仲間が、何故か応援に回っているではないか。訊けば風邪を引いて棄権したのだと言う。そら駄目だわ、出なきゃ・・と内心思いながら、差し入れにゼリ-飲料を頂く。村山公民館エイドを越え、その先の待避所で子供らと再会。だぶだぶの高山Tシャツを着た大志の姿は、毎度実に絵になっている。
IMG_4948_convert_20190610223221.jpg
被り水が最高に気持ちいい
IMG_1954_convert_20190610223611.jpg
大志が駆け寄ってきて
IMG_4958_convert_20190610223246.jpg
子供らと合流

80㌔通過。次に目指すはグリ-ン薬局前(82.8㌔)エイド、そこに家族が待機しているはずだ。僕は走っている最中に後ろを振り返ることはないが、エイドや信号に着く度に直ぐ西田さんの姿を確認出来た。どのくらい僕の後ろに付けていたのかは分からないが、付かず離れずの位置で僕の様子をずっと伺ってくれていたのだと思う。家族らにはニアミスで会い、これが最後の応援となる。以前清見の最終関門にも応援に来てもらっていたが、その後駐車場やらシャトルバスやらの関係で、結局僕の方が早く会場に着いてしまった。その反省から早めに応援は切り上げてもらっているが、やはり八日町やラスボス辺りにも居てくれると嬉しいので、来年からはそうお願いしようと思う。
IMG_4962_convert_20190610223301.jpg
80㌔通過
IMG_1956_convert_20190610223624.jpg
信号待ち
IMG_1960_convert_20190610223636.jpg
西田さんとはこの位置関係が多かった  ※完全に僕のサポ-ト役に回ってくれている

八日町新鮮野菜販売所(87.4㌔)エイドでは、仲間の波ちゃんに会った(昨年はここで瀧さんに会った)。スタ-ト前会場で会った時は普通だったのに、いつの間にか猿の姿になっていてかなり衝撃を受けた。ラスボス峠はほぼ歩いて上り切り、その後国道に向けて一気に降下。先程八日町エイドで休まず先に発った波ちゃんだったが、国道に出る直前で追いついた。最終関門の公文書館も無事クリアし、特産食を色々と頂く。この辺りから何度か波ちゃんと前後したが、僕がエイドでグルメを堪能している間に先に発たれ、後で追い抜くというパタ-ン。さすがは彼女のテリトリ-だけはあり、お猿に対する大声援を幾つも受け、波ちゃんは嬉しそうに頑張っていた。
IMG_4969_convert_20190610223315.jpg
90㌔通過  ※僕の映っている写真は、ほぼ西田さん撮影
031_convert_20190610223431.jpg
第5関門 公文書館(93.3㌔)  ※関門閉鎖まで残り53分だったが、この後ペ-スを上げた
032_convert_20190610223445.jpg
清見サイダ-
033_convert_20190610223458.jpg
猪汁

そしてついに残り5㌔を切った。先週に続き12時間台は微妙なライン。先週の南砺の時は残り5㌔の時点で45分余っていたが、今回は残り39分しかない。厳しいような気もするが、頑張れば何とか滑りこめるかもしれない。いつしかペ-スも上がり、後に西田さんにもそう言われた。左手の農道には未だゴ-ルに背を向け走っているランナ-が多くいる。誰しも迫り来る時間に追われ、最終関門やゴ-ル制限と必死に闘っているのだろう。そんな経験は久しくしていないが、出来れば二度としたくない。残り2㌔を切り、ついに旅も終焉へと向う。そして残り1㌔。最後の信号待ちを経て、ビックアリ-ナへと続く最後の直線に入る。時間は気にしていないが、走り続けているのでおそらく12時間台は達成出来るだろう。会場入口で娘の声に気付き、先回りしておくよう指示。そしてゴ-ル手前でチビ2人を拾い、西田さんを交え4人でゴ-ルを切った。結果は何とか12時間台をキ-プ。この価値ある完走で、辛うじて連続完走だけは維持出来た。
034_convert_20190610223515.jpg
残り5㌔
IMG_4984_convert_20190610223332.jpg
西田さん、今日は沢山いい写真を撮ってくれて有難う!  ※これだけ自分が映った記事は初めてです
IMG_7880_convert_20190610223354.jpg
ラストの直線  ※陽子さんもナイスアングル
[広告]

IMG_0794_convert_20190620152244.jpg
奇跡のゴ~ル!  ※これまで走った19本の中でベストのシ-ンかな

走り始めて5年目でここまで19本(今年は後2本出場予定)の100㌔超を走ってきた。野辺山から始まる3連戦を前にして、その1週間前に肉離れを発症。野辺山の欠場も直前まで悩んだが、思いきって強行出場を選択。肉離れは9㌔地点で再発したが、残り91㌔を肉離れした状態で何とか走り切った。2戦目はその2週間後の南砺。ここで2週間空いていたことが、結果としてタ-ニングポイントとなった。エイドのご馳走に終始満足しつつも、又も肉離れした脚をひきずってのゴ-ル。そしてその1週間後の飛騨高山。1週間では全く完治はせず、覚悟はしていたが野辺山以上に壮絶な闘いとなった。開始3㌔で右ふくらはぎの肉離れ、その上左膝まで痛み出し、さすがに今回は無理だろうと走りながら思っていた。しかしそこに救世主(トイレの神様)が現れ、その後思いもよらないエンディングへと結びついていく。
IMG_1993_convert_20190610223656.jpg
完走証を受け取って  ※ゴメン西田さん、ネットタイムの関係で僕の方が順位が上になってしまった
IMG_4070_convert_20190610223938.jpg
ありがとう西田さん!  ※80㌔本当にお世話になりました

3連戦直前に受けた故障はとてつもなく大きな壁となり、突如僕の前に立ちはだかってきた。しかし越えられない壁は与えられないだろうし、今思えば中々いい壁だった。この3連戦を通し僕は一切諦めることはなかった。全ての大会を人生最後の大会のつもりで挑み、もう走れなくなっても構わないという覚悟だけは終始貫けた。ただ今回だけは自分の力だけではどうにもならなかった。西田さんがあの時間に外のトイレに並んでいなかったら、僕が一つ前のエイドでトイレを済ませていたら、運命の再会は出来ず、完走も危うかったかもしれない。西田さん、本当に有難うございました!これで僕の中にあったあの情けない表現は完全に消えた。中何週間・・。そう考えている時点で次のステップは遥か彼方。僕の目指す”さくら道”は、まだまだこんなもんじゃない。今の僕の心境が”ランナ-ズハイ”なのだろうか。故障さえなければ来週もその翌週も、その翌週だって100㌔くらいなら充分走れそうな気がする
036_convert_20190610223527.jpg
ラウンジのホットドリンク
IMG_2025_convert_20190610223737.jpg
無料の鍼治療  ※待ち時間なしでやってもらえた
IMG_2040_convert_20190610223752.jpg
痛くてこれ以上右脚が伸ばせない
IMG_2053_convert_20190610223827.jpg
全然良くなってないような  ※ただ実際触られている分、整形外科よりは余程いい


IMG_0710_convert_20190611151401.jpg
完走証と完走メダル


第8回飛騨高山ウルトラマラソン

距離:100km
時間:12時間58分04秒
順位:1038位/2115人(男子) 
完走率:77.0%(1629人)

経過:0km(0:00:43)、10km(1:02:37)、20km(2:07:25)、30km(3:23:48)、40km(4:46:32)、50km(5:52:20)、60km(7:14:31)、70km(8:42:55)、80km(10:08:32)、90km(11:41:13)

ラップ:0-10(1:01:54)、10-20(1:04:48)、20-30(1:16:23)、30-40(1:22:44)、40-50(1:05:48)、50-60(1:22:11)、60-70(1:28:24)、70-80(1:25:37)、80-90(1:32:41)、90-100(1:17:34)


IMG_0779_convert_20190611151414.jpg
三嶋和ろうそく店  ※翌日西田さん、陽子さんと一緒にランチを食べ、飛騨古川の町を案内した
スポンサーサイト



| 2019 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1076-3c59f097

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT