FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょっと虚しいワラビ採り

普段走る峠周回コ-スを車で辿ってきた。今が旬のワラビ採りが一番の目的ではあるが、走れないが故のリハビリウォ-キングも兼ねている。1週間後に野辺山100kmを控えていると言うのに、2日前に右ふくらはぎを痛めてしまった。痛めた日は歩けない程苦しんだが、今では回復しつつある。峠へと車で向かう途中、バックを背負ったペアのウォ-カ-が峠目指して歩いていた。格好からしてこのペアも山菜狙いかなと瞬時に悟ったのも束の間、今度はその先に車を停めた単独女性が手にワラビを沢山抱えていた。これはヤバイ!きょうはライバルが多いぞ・・。急いで峠に駐車し、そこから歩いてワラビ採りを開始。出だしに車で通りかかったタッちゃんに会い、今程位山を20km走ってきたと言う。

後方から確実に迫りくるペアに恐れる僕、つい急ぎ過ぎたのがいけなかった。ふいに左足首を挫いてしまい、思わずその場に倒れ込む。痛くて立つことも困難だったが、それ以上にペアの追い上げが気になっていた。ここは我慢し、そのままビッコを引いて歩き出す。先程見かけた単独女性に全て採られていないだろうかと心配したが、やはりランナ-目線のポイントは車では探れないようで、幸い沢山採ることが出来た。一通り採り終え、見落としたワラビを採りながら峠へと歩いて戻る。その際ペアと擦れ違いざまに挨拶を交わしたが、どうやらワラビには全く感心がないようだった。結局僕一人が焦っていただけで、捻挫までして急いだのが何だか馬鹿馬鹿しくなってきた。その後後ろから軽トラが僕を追い越し、目の前の空き地に停まる。結局この夫婦もワラビ採りだった。

場所を変え、先程以上によく採れるポイントに到着。しかしここは車通りも多く非常に目立つ場所なので、やはり知る人は多い。大概は既に採られていたが、それでもそこそこ収獲は得た。今日は快晴の日曜日。ランバックを背負ったランナ-の姿がやたら目に付く。きっと来月に迫った飛騨高山100kmに向けた走り込みだろうと、そのへんは訊かなくても推測は出来た。そんな中、車を使って呑気にワラビ採りをしている自分のことが、何だかとても哀れに思えてきた。

更に場所を変え、最後のポイントへと移動。ここはおそらく誰も知らないだろうし、どおりで人が入った形跡は一切ない。ここではワラビとコゴミを採り、駐車地では偶然タラの群生を発見。ただ、採り頃はとうに過ぎていて、ほとんどは50cm程に伸びていた。それは誰も入っていない証拠ではあるが、何せ採り難く、紐を駆使しても何本かは諦めた。山菜ランナ-らしく、ここでもきっちり外傷を負い、峠での捻挫を含め、リハビリのつもりが余計に故障箇所を増やしてしまった。
DSC00670_convert_20190513113346.jpg
タラ採りでまた外傷
DSC00671_convert_20190513113357.jpg
峠周回での収穫 2019.5.12
DSC00682_convert_20190513113453.jpg
この日採ったワラビ  ※結構採れたかな


DSC00674_convert_20190513113910.jpg
ワラビ
DSC00675_convert_20190513113430.jpg
タラノメ
DSC00676_convert_20190513113440.jpg
コゴミ
スポンサーサイト



| ワラビ | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1061-7c34e7a2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT