FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スプリットの宿~中欧周遊編(14)

2019年1月2日
ドゥブロヴニク~スプリット



DSC07869_convert_20190427223847.jpg
世界遺産 スプリットの史跡群とディオクレティアヌス宮殿 (1979年登録)


アドリア海沿岸最大の港町、スプリット。
古代ロ-マ皇帝ディオクレティアヌスが300年頃に造ったディオクレティアヌス宮殿は、7世紀のスラヴ人の攻撃により崩壊。
住民は朽ちた宮殿の資材を利用し、家や道路を再建した。
この宮殿は頑丈な城壁で囲まれ、ロマネスク様式の大聖堂や、ア-チ状の天井を持つ神殿が今も残されている。

時代の変遷を経て、様々な時代の建物が並び、宮殿と一体となった町が形成され、これらの史跡群は1979年に世界遺産に登録された。


昨夜は久々に見た日本の歌番組に興奮し、結局僕は深夜0時過ぎまで起きていた。
おまけに就寝前に飲んだコ-ヒ-の影響か、ベットに横たわっても寝付けず、1時に時計を見た記憶がある。
そして今朝、5時半に起床。
移動日の僕はだいたいチェックアウトの2時間前に起き、ナナはその1時間後に起こしている。
DSC07829_convert_20190427223403.jpg
朝食は昨夜の残り物

急ぎ足でバスタ-ミナルへと向い、定刻の8時少し前にバスはスプリットに向けて発車した。
スプリットまでは209km、ここ数年参加している佐渡島1周マラソンとほぼ同じ距離だ。
今日こそはボ-ダ-(国境)の一部始終を理解してやろうと細かくメモを取って挑むが、それでもよく分からなかった。
今日はクロアチアの町から町への移動となるが、道中一回ボスニアを横切って通過することになり、通常であれば出入国は4回となるはずだ。
しかし2回しかチェックポイントはなく、スタンプも2個のみしかない。
結局何のイミグレで、何のスタンプだったのか全く分からないまま終わった。
DSC07836_convert_20190427223417.jpg
国境では警官がパスポ-ト回収に乗り込んでくる

スプリットへは11:30到着と聞いていたが、結局着いたのは12:40と1時間以上も遅かった。
先ずは明後日朝の首都ザグレブ行きのバスチケットを買っておく。
チケットは難なく買え、早速本題の宿探しにかかる。
地球の歩き方情報ではプライベ-トハウスの客引きが群がってくると書いてあるが、シ-ズンオフの為か、そんな姿は一切見かけなかった。
DSC07837_convert_20190427223537.jpg
スプリットのバスタ-ミナル

旧市街を歩き、目に付いた宿を手当たり次第当たっていく。
ビル入口に掲げてあるホテルやアパ-トメントの表示看板が目印で、星の数でだいたいのレベルの判別もつく。
ビル入口はどこも鍵がかかっており、泊まりたい宿のインタ-ホンを押し、応答の後、鍵を開けてもらうことになる。
しかし今日も正月ということなのか、どこも休み又は不在らしく、ほぼ応答はない。
一度住人がビルに入る隙に何とか中に忍び込んでみたが、苦労して上階まで上ったのに結局はどの部屋(宿)もブザ-を押しても応答すらなかった。
DSC07838_convert_20190427223548.jpg
さてと宿探し  ※大晦日・正月と乗り切って安心していたが・・

看板はやけに目立つのにどのビルも全く同じ調子で、大晦日、元日以上に焦り始めた。
そこでたまたま居合わせたビルの住人に、『今日はどこもやっていないのか?』と訊いてみる。
するとその男性は知り合いの宿に電話をしてくれ、値段交渉から手配まで面倒をみてくれた。
青髪のマダムが迎えに来るから、下で待ってろ!
親切な男性にそう言われ、ビルの外に出て待っていると、少しして白髪のマダムがやって来た。

男性に御礼を言い、マダムについて歩く。
宿はくねくねと迷路のような所を入り込んでいったが、結局はメイン通りから少し入った所の、海にも近いベストな場所だった。
部屋にテレビはないが、キッチンがある。
キッチンはないがテレビはあるビックベッドの部屋も見せてもらったが、昨日のキッチン生活が楽しかっただけに、迷わずキッチン付きの方を選んだ。
DSC07840_convert_20190427223558.jpg
ベッド  ※動物柄の毛布がいい感じ
DSC07841_convert_20190427223609.jpg
この宿もキッチン付き  ※クロアチアではこれが普通なのか

狭い旧市街をざっと見て歩き、近くのス-パ-マ-ケットで大量に食材を買い出し。
早速宿に戻り、早めの夕食にと調理に取りかかる。
慣れない調理にハシャギながら、楽しく2人でペンネを作った。
ソ-セ-ジも焼いたが、塩をかけ過ぎて辛いだけだった。
それでも久々に腹一杯になり、満足出来た。
DSC07844_convert_20190427223643.jpg
ピザロ-ル
DSC07847_convert_20190427223654.jpg
ス-パ-で大量に買い込む
DSC07851_convert_20190427223710.jpg
宮殿内部は土産屋が並び通路となっている
DSC07853_convert_20190427223720.jpg
大聖堂
DSC07859_convert_20190427223737.jpg
グルグ-ル・ニンスキの像
DSC07864_convert_20190427223800.jpg
この種の食べ物が多い
DSC07867_convert_20190427223816.jpg
この町、何が見所なのかよく分からない
DSC07871_convert_20190427223901.jpg
調理も楽しいな
DSC07872_convert_20190427223913.jpg
初ペンネ  ※この時は今一だったが、次第に上達していく

夜の町を散策に出かけた。
海沿いは風が強く、ただ座っているだけでも寒くて辛い。
ライトアップも程々で、盛り上がりはリュブリャ-ナとは比にならないくらい寂しかった。
DSC07874_convert_20190427223925.jpg
夜の港沿い
DSC07875_convert_20190427223935.jpg
港の夜景
DSC07878_convert_20190427223945.jpg
ベンチで宴会するが、とにかく寒い

再び公園に寄り、ライトアップされたサンタクロ-スやキノコなどを見て楽しむ。
ふとナナが、家族に会いたい・・と言い出した。
なんで1ヶ月もなんよ・・とも言っている。
確かに小学生には1ヶ月の旅は長いのかもしれない。
DSC07881_convert_20190427224000.jpg
地球儀
DSC07882_convert_20190427224009.jpg
ピノキオ
DSC07888_convert_20190427224020.jpg
サンタクロ-ス
DSC07890_convert_20190427224029.jpg
キノコ
DSC07891_convert_20190427224040.jpg
トナカイとソリ

部屋に戻りシャワ-を浴び、ナナに今日の日記を書かせる。
ナナも眠いと言っていたが、僕はもっとヤバかった。
そして22時、我慢も限界でバタンキュ-。
夜中未明、突如クラクションのような、ブザ-のような、警報機のような大音響が長い間響いていた。
一瞬自分の部屋が原因かと思ったが、窓の外の通りの方から聞こえていた。
やがて音はなくなり、その後再び寝付くのに時間がかかった。


スプリット・Rooms Denis泊-30€


バス荷物代(8KN) バス(スプリット~ザグレブ大人150KN、子供78KN) 宿代(30€×2泊分) ピザロ-ル(15KN×2) ス-パ-マ-ケット(ポテトチップス150㌘4.99KN×2、ペンネ1kg5.49KN、オレンジジュ-ス2㍑5.99KN、ビ-ル2㍑12.99KN、ソ-セ-ジ1kg11.99KN、トマトソ-ス500㌘3.39KN、飲むヨ-グルトイチゴ1.99KN、プリン1.99KN、オレンジ6個3.78KN、リンゴ6個2.16KN、キウイ3個2.26KN)  計60€、328.01KN


スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1050-12b2517a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT