FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マラソン発祥の地を訪ねて~東欧周遊編(31)

2018年1月17日
アテネ~マラトン~アテネ



122_convert_20181213133056.jpg
マラトンの戦い
119_convert_20181213133031.jpg
当時の戦死者を祀る塚、ティムボス


マラソン競技発祥の地、マラトン(Marathon)。
紀元前490年夏、アテネに向けて進撃しようとしたペルシアの大軍をギリシア人とプラタイア人の連合軍が打ち破った。
このマラトンでの戦いの勝利をアテネに伝える為、一人の伝令が選ばれた。
彼は約42kmの距離を力走し、アテネに着いて勝利を伝え終わると、疲れ果てて息を引き取ったという。
その伝令の功績を記念し、第1回近代オリンピック大会にマラソン競技を約40kmの規定距離で採用したと言われている(作り話と言う説もあるが・・)。

そして2004年、アテネオリンピックのマラソン競技はここマラトンからスタ-トした。
ゴ-ルは戦争当時と同じくアテネ、1896年に第1回近代オリンピック大会が開かれたパナティナイコ・スタジアムである。
そして号砲が鳴り2時間26分、気温30度を超える酷暑の中、スタジアムに最初に現れたのが、
日本人、野口みずき選手である。



・・前回の続き


つい夢中になって見学していた為、博物館を出たのは正午を過ぎてからだった。
しかし予定通り、これからティムボスへ向かうとする。
バス乗り場は直ぐに見つけることが出来たが、どうやらティムボスまで行く便はしばらく無いらしく、ティムボスまで徒歩10分の所までなら行くと言う。
迷わずそのバスに乗ると、バスは直ぐに発車。
歩き方にはティムボスまで1時間と書いてあるが、1時間を過ぎても一向に着く気配がない。
その後も時間ばかりが流れ、果たして乗務員やドライバ-は僕の行きたい所が本当に分かっているのかと心配になってきた。
焦りはつのるばかりで、ついに1時間半が経った頃、ようやくドライバ-からお声がかかり下車。
降ろされた場所は本線上、ティムボスへの分岐地点のようだった。
137_convert_20181213222912.jpg
アテネのバス停

帰りの乗り場を確認した後、ティムボスに向けて歩く。
人通りはなく、民家もほとんどない為、人に尋ねようにも尋ねられない状態が続く。
それでも何とかそれらしい所が現れ、立て看板を見て、ここが目指していたティムボスだと確信。
しかしその時、一人の男性が僕らに近付いてきて、非情な一言を発す。
ここは、もうクロ-ズだ!
ティムボスはただの公園だと思っていたので、閉館時間があるということも、ましてや入場料を取るということも全く知らなかった。
100_convert_20181213222618.jpg
折角なので走らせてみるも、かなり嫌そう
103_convert_20181213222634.jpg
この奥が公園(ティムボス)か  ※ここは右へ進んだ
105_convert_20181213224227.jpg
アテネで力尽きた伝令だろうか
106_convert_20181213222652.jpg
公園入口には看板が

その係員らしき男性はゲ-トの鍵を掛けたばかりだったが、余程僕らのことを哀れに思ってくれたのか、お情けで入場させてくれた。
この公園にはマラトンの戦いで亡くなった戦士を祀る高さ10mの塚がある以外、元々期待はしていなかったが、見所はほとんど無かった。
それでも”マラソン発祥の地”という言葉に魅かれ、走る者としては一度くらい見ておきたいと思い、遥々アテネから足を延ばしてきた訳だ。
107_convert_20181213222711.jpg
敷地内にある解説ボ-ド
118_convert_20181213222754.jpg
戦死者を祀る塚

早く家に帰りたさそうな係員にも申し訳ないので、一通り公園内を急いで見て回り、見学は早々に切り上げた。
せっかく苦労して来たので本当はもう少しゆっくりしたかったが、見学出来ただけでも充分だ。
来た道を歩いて戻り、バス乗り場にてアテネ行きのバスを待つ。
本当にバスは来るのか・・とかなり心配だったが、待ち時間15分程で無事バスが現れた。
1時間半くらいは待つ覚悟でいただけに、正にグットタイミングだった。
帰りも結局、乗車時間は1時間20分かかり、無事アテネへと帰還。
125_convert_20181213222810.jpg
余程早く帰りたいようだ  ※直ぐ鍵を閉めたがる
131_convert_20181213222827.jpg
野良犬2匹にからまれている
134_convert_20181213222841.jpg
マラコンコ-スの案内板
136_convert_20181213222854.jpg
バス待ち  ※バスを見逃さまいと、僕は当然,路肩に立っている

通りがかりのス-パ-マ-ケットに立ち寄り、昨日の反省を活かし、今日は早めにチキンフルの大き目サイズを1羽買っておく。
夜の町を散策し、これがこの旅最後の町歩きだと思うと、少しばかり寂しくなってきた。
部屋へと戻り、荷造りを済ませ、シャワ-を浴びる。
このホテルは毎日部屋を清掃してくれ、その際ベットメイキングだけでなく、タオルやアメニティも全て新しいものと取り替えてくれる。
テレビから音楽を流し、3日連続となる鶏の丸焼きにかぶりつく。
この旅で5度目、計6羽目のチキンフル。
トルコ以外の国では酒類にも恵まれ、今夜もノルマのワイン1㍑を飲み切るのが大変だった。
144_convert_20181213222935.jpg
闇夜に浮かぶアクロポリス
147_convert_20181213222959.jpg 148_convert_20181213223022.jpg
エレベ-タ-                           シャワ-
149_convert_20181213223036.jpg
今夜の宴会メニュ-
154_convert_20181213223050.jpg
今日は中々のサイズをゲット出来た
160_convert_20181213223127.jpg 161_convert_20181213223138.jpg
162_convert_20181213223150.jpg 164_convert_20181213223243.jpg
ナナ、怖い顔して喰ってみろ!
165_convert_20181213223254.jpg
今日の日記


アテネ・Athens Choice Hotel泊-30€


考古学博物館(5€、子供フリ-) バス(アテネ~マラトン4.1€×2) ティムボス(3€、子供フリ-) バス(マラトン~アテネ4.1€×2) 郵便局(エアメ-ル0.8€) ス-パ-マ-ケット(土産クッキ-2.03€、土産ギリシアワイン750ml2.32€、米500㌘0.61€×2、チキンフル1kg5.61€) レオニダス像マグネット(0.5€)  計36.88€
スポンサーサイト



| '18東欧周遊編 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakuto2164.blog85.fc2.com/tb.php/1020-326e7da4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT