fc2ブログ

2024年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2024年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

四国八十八霊場(2)~荷造り完了

ようやく荷造りが完了した。背負う荷物は普段の縦断時とあまり変わらないが、何せ今回の目的は参拝であるが故、お参りグッズは外せない。白衣、輪袈裟、納経帳、納札、勤行本、数珠、ロウソク、線香、ライタ-・・。ロウソクはダイソ-で買った小粒サイズ(1箱90個入り)で、線香も含め全行程分を持ち込んだ。ライタ-はダイソ-の4個入りを買ったが、結果1個で足りた。納札は予め記入しておいたが、やはり札所や宿では書き込んでいる暇はなかった。般若心経の手拭いは一度も使用せず。使う線香はマ-ブルチョコの空箱がジャストフィットし、ロウソクや賽銭は各々ジッパ-付きの小袋に入れた。賽銭(5円玉)は半分を予め銀行で替えておき、残り半分は途中の札所で両替した。しかしこれが意外と重く、額面の問題ではなく、より重量の軽い1円玉の方が良いとも言える。尚、四国八十八霊場では各札所(寺院)において本堂と大師堂での参拝が必要となり、ロウソク1本、線香3本、賽銭用硬貨1枚、納札1枚、この倍が単純に札所毎必要となる。従ってロウソク176本、線香528本、賽銭176枚、納札176枚が全札所での最低数量となる。
IMG_9518_20240226183242f41.jpg
メインザック、参拝用ウェストバックで総重量8~9kg(飲料・食料込み)  ※画像クリックで拡大

僕の暮らす飛騨高山は雪国であり、冬期のランニングにおいてもスパイクを装着したことは一度もない。しかし今回、札所の幾つかは山の上にあることなども考慮し、万一に備え初めてスノ-スパイク(着脱式)をアマゾンで購入した。しかし結局、大寒波が到来した最高峰・雲辺寺においても使用するには至らず、一度も使用することはなかった。行動中は地図のカラ-コピ-を胸ポケットに差して進み、区間が過ぎればその都度処分して荷物を減らした。黄色地図(現物)も一応ザックに忍ばせ持参してはいたが、使用頻度は低く、別になくても困らなかった。今回初めて使用したベスト型夜行チョッキは伸縮性もあり、交通量の多い暗闇の道路での安心感は格別だった。これは昨年の本州縦断で初日夜をともにした選手仲間から教わった。

エア-サロンパスは残り少ない使いかけを持参したが、数日で空になり、その後買い足しはしなかった。アミノバイダルとクエン酸は普段は1日につき数本分を持ち込むが、何せ容量が嵩張る。今回は参拝用具で荷物はいつもより増え、アミノ、クエンともに1日1本の本数とした。そもそも今回はそこまで大変な行程ではない為、筋肉痛や筋肉疲労は皆無だった。毎朝足裏や足指間にJ1クリ-ムを塗り、靴下はこれまでの”ワ-クマンの5本指”から”仕切りなし(冬用)”に変更。1足100円のセ-ル品だが、4組持ち込み、4組目は未だ使えている。穴が開いたら即処分が鉄則で、今回マメは皆無だった。膝下用のテ-ピングを日数分カットして持参。実際役に立っているのかは正直分からないが、今まで膝痛になったことがないのはその効果の表れなのかもしれない。

雨対策にはモンベルの軽量レイン上下をメインとし、軽量折り畳み傘、重ね着用の100均カッパを持参。これがいつものスタイルだが、100均カッパは今回一度も使用しなかった。しかし100均カッパはいざと言う時の防寒着にもなり、防寒着を着尽くした末の最終手段として、ザックにまだ有るという安心感は確かにあった。ウェストバックは家にあるものを使用したが、お遍路ではやはりマストで、これがないと話にならない。納経帳、納札(ケ-ス)、勤行本、数珠、当日分のロウソクや線香、ライタ-などを入れていた。鎮痛剤や眠気防止の錠剤も多めに持参したが、ほとんど使用しなかった。睡眠は平均5~6時間は取れたので、日中睡魔に襲われる場面はあまりなかった。長期間に及ぶロングジャ-ニ-では、過労や栄養不足から度々口角炎に悩まされる。その対策としてビタミン錠剤は毎日服用し、塗薬も持っていたが、ミカンが豊富な四国お遍路においては心配無用だった。

宿ではたまに洗面所で靴下やパンツを洗うくらいで、これまで宿で洗濯機を使用したことは一度もない。しかし今回洗濯乾燥機の御接待宿が何軒かあり、初めて使用してみた。靴は3、4千円の安物で充分だが、道中をともに旅するザックにだけはこだわりたい。これまでノ-スフェイスの”TRロケット”以外考えられず、計3個使用してきた。しかし人気が出てきたからか今ではまず手に入らず、肝心の調整紐が直ぐ切れるという欠点があり、生地も全般的に薄い。そして今回初めて試した某メ-カ-のザックはあまり期待はしていなかったが、結果TRロケットよりも断然良かった。使い勝手が素晴らしく(特にボトムポケット)、体にフィットし、何より丈夫い。改善してほしい箇所も多々あるが、現時点これがこのサイズ最良のザックだろう。人気が出て品薄になる前に是非買い溜めておきたい。
IMG_9527.jpg
服装  ※画像クリックで拡大
スポンサーサイト



| 四国八十八霊場 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |