FC2ブログ

2021年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とっととくたばれ、糞野郎!

いよいよ明日、地獄のレ-スに向けて僕は旅立つ。明日早朝、愛知県小牧市に向けて妻に車で送ってもらい、そこから1時間のフライトで本州最北端の地、青森へ。先ずはここまでの第0関門をクリアするのが大変だった。仕事がとにかく忙しく、本腰を入れて準備に取りかかれたのが、ようやくレ-ス1週間前(先週土曜)になってのこと。以降、平日も含め、ほぼ終日夜遅くまで計画や準備に追われていた。その中で最も大変だったのが地図作成。道路地図をカラ-コピ-し、ル-トや注意点、コンビニや食堂などの情報を抜かりなく盛り込んでいく。昨年のR8では距離の見誤りが仇となり、結果自滅へと追い込まれていった。そんな失敗を繰り返さない為、随所に距離も細かく記す。一応スマホ(未契約)は持っていくが、僕はアナログ人間なので(デジタルはあまり信用していない)、地図が僕の道標となる。その地図が全て仕上がったのが、ようやく昨日のこと。正にギリギリだった。
IMG_7336_convert_20210422165441.jpg
地図(A3両面カラ-)26枚  ※画像クリックで拡大

4日前の日曜、康介が事務所に激励に来てくれた。今生の別れだと、僕に餞別(ヘム鉄)を持ってきてくれたのだ。康介も死ぬ覚悟であの夏TJARに挑み、見事その栄光を勝ち取った。僕もそうだがお互いレ-ス後の事なんか微塵も考えておらず、せいぜい考えているとすれば、亡骸の後始末のことくらいだろうか。それはそうと、TJARのチャンピオンともあろう男が、『死ね』なんて言葉をそう簡単に使っちゃダメだろ・・。彼にはいつもそういい聞かせているが、一向に聞き入れてはくれない。レ-ス本番は家族の寄せ書きゼッケンで挑むつもりだが、無事山口県に入ったなら、康介ゼッケンに切り替えて、彼の魂の力を借りて最後の難関を乗り越えたいと思う。
IMG_7236_convert_20210422170555.jpg
折角なので予備ゼッケンにメッセ-ジを書いてもらう
IMG_7245_convert_20210422170538.jpg
チャンピオンが『死ね』なんて言葉は使わない方がいい

ところで先日、俄に信じ難い出来事が起きた。夜中寝ている最中に突然激痛が走り、気が付くと僕はベットの上で体育座りをして両脚を抱えていた。両脚ふくらはぎをつったのか肉離れを起こしたかで、金縛りのようになってしばらく動けなかった。おそらくストレスかプレッシャ-から来たのだろう。或いは走る夢でも見ていて、脚に限度を超えた力が入ったのだろうか。翌朝起床すると両脚ふくらはぎにまだ大きな痛みが残っており、この朝予定していた朝ランは急遽中止した。練習では故障しないように常に気を付けているつもりだが、無防備な就寝時まではさすがに防ぎようがない。この怪奇現象は何を意味するのか・・。出場を断念して棄権すれ・・ということなのか、完走に導く為の強引な脚休めの為なのか・・。その答えは3週間後には明確になる。
IMG_7237_convert_20210422170606.jpg
レ-ス用ゼッケン裏  ※ラミネ-トをした上、周りを完全補強

荷物が仕上がったのが、ようやく今朝のこと。もうバタバタである。担う総重量は5kgを超え、水、食料を含めると軽く6kgを上回ってしまう。しかし週末の80㌔走ではいつもそれくらいの重量を背負っていたので、重さはさほど苦にならない。それより僕が重視したいのが寒さ対策。毎週ロング走の度に思い知らされていたのが、日が暮れてからの寒さだった。同じ気温でも朝と夜の5度ではまるで感じる寒さが違う。幸い僕の住む飛騨高山は寒い地域なので、環境的には東北に近いものがあるだろう。ザックはノ-スフェイスのTRロケットに決めた。この大会の為に新調したもので、鉄人岩立チャンピオンの体験記から真似た。実際使い勝手はかなり良く、もうこれ以外考えられない。落下を防ぐ為にボタンを幾つも付け、前部に3本あるベルトは全て短くし、更に止め具を付けるなど完全に自分用にカスタマイズした。物は全てジッパ-袋に入れている。これは防水対策というよりは、ホテルの部屋での置き忘れ防止の為。空袋が残っていれば、視覚的に中身を置き忘れたと分かる。
IMG_7329_convert_20210422165426.jpg
荷物は水500ml含め5.5kg。食料を入れると軽く6kgオ-バ-  ※画像クリックで拡大
IMG_7253_convert_20210422170426.jpg
ノ-スフェイスのTRロケットでロケットのように進む
IMG_7261_convert_20210422170441.jpg
行って来るぜ!

足の爪はほぼ剥がしたし、丸坊主にして髪の毛の量も減らした。ここまで軽量化にこだわれば完璧だろう・・とは冗談だが、必然的にこうなった。不安箇所は挙げれば切がない。4/10(レ-ス2週間前)の83㌔走を最後に、4/19に13㌔走っただけで全く走れていない。仕事が異常なほど忙しく、とても呑気に走っているような状況ではなかった。左足裏と甲、右足裏と痛む箇所は多く、今では腰痛に悩まされている。昨日今日も接骨院に通ったが、コルセットをして走りたいくらいだ。こんな時に限って仕事の依頼が多く、留守明け後はレ-ス本番以上に厳しい闘いが待っている。命懸けで挑む今回の本州縦断フットレ-ス。本当は直前期の気持ちや意気込みなど、もっと記事にして綴りたかったが、こうしてブログに向えたのがつい先程17時過ぎのこと。この記事一つを仕上げるのに結局4時間も要してしまったが、僕の最後の文章となる可能性もない訳ではないので、ここは妥協したくなかった。ただ、こうして出発前に一先ず気持ちを書けたことで、悔いなくレ-スには向える。

≫ Read More

スポンサーサイト



| 本州縦断フットレ-ス | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT