FC2ブログ

2020年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1月の練習結果(前半)~娘の想いを胸に

人生初の月1000㌔に挑んでいるこの1月、前半(1~15日)を折り返しここまで約480㌔と、一応1000㌔ペ-スは貫いている。後半は16日あるし、曜日の並びも良く土日が3度も有る。平日25㌔超の朝ランにも慣れてきたし、休日が50㌔では物足りなくなってきた。道路の雪さえ融けてくれれば、休日は最低でも60㌔以上は走りたいし、その気になれば平日の夜も少し走ってもいい。この1月の前半はとにかく雪が多かった。元日から大雪警報が発令され積雪50~70cm。やはり1月に1000㌔は厳しいかな・・と、出だしから諦めたくもなった。休日の度に大寒波が容赦なく襲い、ここ雪国飛騨の地はとても走れるような状態ではなかった。それでも腐らず路上に出続け、スリップの恐怖と大転倒の痛みに耐えながら、日々距離を稼ぐことだけを考えてきた。元日早々道路で派手に転び、その痛みから、道路の真中で大の字のまましばらく動けなかった。僕は元々ペ-スは遅いが(せいぜい㌔6分)、この最悪の道路状況において転ばない走り方(地面との接し方)を意識していたところ、㌔8分というゆる走りが自ずと身に着いてきた。これはア-スマラソンをしていた時の間寛平のひよこ走りのような摺り足走法で、脚をほとんど上げない為ペ-スは極端に遅くなるが、膝にかかる負担は少なく、連日の長距離走に向いていそうに思う。大陸横断や列島縦断などのロングジャ-ニ-を目指していると、必然的にこのような走り方になってくるのだろう。
IMG_6982_convert_20210115134910.jpg
令和3年1月1日 高山市丹生川町柏原  ※飛騨高山ウルトラのコ-スにもなっている
IMG_6988_convert_20210115134922.jpg
大雪の中、草刈りをする折敷地の男性

≫ Read More

スポンサーサイト



| 本州縦断フットレ-ス | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |