FC2ブログ

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

インド人街~インドネシア編(3)

2019年12月24日
クアラルンプ-ル



DSC02045_convert_20200210193418.jpg
KLタワ-
DSC02050_convert_20200210193443.jpg
ペトロナス・ツインタワ-


マレ-シアの中にあるインド世界、リトル・インディア。
その名が示している通り規模こそ小さいが、束の間のインド世界を味わうには充分であった。
世界の人口約77億人の約4割を占めるのが、中国(14億人)とインド(13億人)の二大国。
インドの人口が10年以内に中国を抜き、トップに躍り出るとの見通しも明らかになっている。
どこの国でも見かけるチャイナタウンに対し、インド人街はあまり見ることはない。

インド好きの僕としては、この町にインド人街があることを知った時点で訪れることは必然的に確定した。
見るからに美味しそうな大衆食堂を見つけ、中に入り、皆が食べている料理を指さしオ-ダ-。
客層は全てインド人のようで、自ずと僕もハイテンションになってくる。
テ-ブルの席で料理を待っていると、直ぐに料理が運ばれてきた。

先ずテ-ブルの上に大きなバナナの葉が敷かれ、おかずが一品づつ、運搬用容器から葉の上に注がれる。
続けてライスの入った大容器を持った別の給仕が現れ、これでもかというくらい葉の上にライスを盛り付けていった。
テ-ブルにはベジタブルの容器も置かれ、これは自分で好きなだけ注ぐことが出来るようだ。
料理が一通り出終えると、ナナは迷わず右手のみで食べ始めた。
3年前のスリランカでは、毎日右手でカレ-を食べていただけに、そのへんは慣れたものだ。

大盛りセットをむさぼるように各々容易く平らげ、店員を呼び、更に大盛り一式(ライスとおかず)をフルで頂いた。
2人とも、大盛りセットを丸々2人分食べ切り、お腹も心も大満足となった。
スリランカもそうだったが、インド系の店は客が腹一杯になるまで食べさせてくれるのが嬉しい。
勿論2人前食べたとしても、お代わりの代金なんかは取らない。

他の客にならい食後にはチャイを注文し、余韻に浸りながら、しばしインド世界で寛ぐ。
暑いクアラルンプ-ルにあって、ここはエアコンもよく効き、トイレもあって申し分ない。
店内にはインドの音楽が流れ、雰囲気も抜群にいい。
やはりインドが一番いいな・・。
インド人にはなれなくても、やはりもう一度インドへは行かなければならないなと思った。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '20インドネシア編 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |