FC2ブログ

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真夜中の日本人~中欧周遊編(35)

2019年1月21日
~西安経由~上海



DSC00076_convert_20191212214031.jpg
真夜中の日本人


深夜0:39、気が付くと既に日付が変わっていた。
上海の空港へと降り立ち、楽しみにしていたファミリ-マ-トでの夕食。
物価の高い空港内にあるが、町のコンビニと価格は同じで、更に中国のコンビニは安い。
その上24時間開いているし、カ-ド払いも出来るので、乗り継ぎでも気軽に利用出来るのが嬉しい。
上海でコンビニに立ち寄る度に、来年こそは中国に行きたいな・・といつも思ってしまう。
おにぎりやカップラ-メン等、帰国後叶えたかった夢は大概ここで叶った。

カップ麺にお湯を注ごうと給湯器の前で使い方に迷っていると、同じ境遇の日本人らしき男性が隣に立っていた。
すかさず『日本人ですか?』と日本語で尋ねてみたら、やはりそうだった。
ここでは軽く挨拶や立ち話をしただけで終え、直ぐにナナの待つベンチに戻り、待望の食事へと至る。
食事を終え、先程出会った日本人男性の座るベンチへと移動し、隣に座り長話が始まった。

訊くところ、彼はスペインのカナリア諸島で3ヶ月間パラグライダ-をしていたらしい。
沖縄でサトウキビ採りをしたり、僕の地元である高山でもキノコ狩りをしていたそうで、何だかとても興味深い方だった。
珍しい者同士互いに興味を持ち、色々な話をしていたら、知らぬ間に2時間以上が経っていた。
ナナは隣で終始ニコニコしながら耳を傾けており、自分も一人前の旅人だという自覚が、その表情から溢れ出ていた。
その証拠に、こんなに遅い時間だというのに、珍しく眠そうにしていない。

一向に話は尽きなかったが、名残惜しく彼と別れ、3階の出発ロビ-で今宵の寝床を探す。
そして1:13、床に寝転がり目をつむった。
正しく”寝床(ねどこ)”、寝る床である。

DSC00079_convert_20191212214135.jpg
今日の寝床

≫ Read More

スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |