FC2ブログ

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

最後までビ-ル~中欧周遊編(34)

2019年1月20日
プラハ~



DSC09983_convert_20200208144028.jpg
ムハ(1860-1939)が手掛けた、聖ヴィ-ト大聖堂のステンドグラス
DSC00021_convert_20200208140119.jpg
スメタナ(1824-1884)  ※代表作『我が祖国』は誰もが聞いたことがあるだろう


21:20プラハ発のチャイナイ-スタンMU786便。
プラハ市内から空港へと向かうエアポ-トバスの中、念の為空港名を確認しようとしたところ、Eチケットには”PRAGUE”と書かれていた。
えっ?今更だが、これって本当にプラハのことだろうか・・。
プラハと読むにはかなり強引な気もするし、見たところプラハの空港名とも違うようだ。
航空券を購入した旅行会社の案内では確かにプラハになっているから間違いはないのだろうが、全くの思い違いでOUTの都市を間違えていたとしたら前代未聞の笑い話だ。

しかしそんな心配をよそに、無事プラハを離陸。
ガラガラの機内、窓側2人掛け席をナナと前後に陣取る。
本来の席はトイレの前にある席も倒せない中央3人掛けで、チェックインの際に頼んだ窓側2人席とは話が違っていた。
最後尾にあるこの居心地の悪い席に留まる気は更々なく、離陸と同時にどの席に移ろうかと機内を見回し考えていた。
しかし狙っていた中央の4人掛け席は、フライング気味の欲な乗客に先を越された。
仕方なくその後ろの4人席に移ったものの、中国人が先に場所取りをしていたらしく、後から現れたくせに泣く泣く譲る羽目に。

離陸してしばらく経ち、シ-トベルトサインが消えた。
乗客は思い思いの席に移り、一段落した頃機内食が配られた。
前の席に座るナナは料理、ドリンクのオ-ダ-を初めて自分一人で行っていた。
僕は最初からビ-ルを2本もらっておくが、これは肝が据わっていないと出来ない大技となる。
チェコビ-ルはないらしく、出てきたのは、チャイナイ-スタンと言えば勿論チンタオビ-ル。
毎日2㍑飲んでいたせいで腹は出てきたし、帰国したらしばらくは禁酒せねばと思っている。

妻への土産にコゼルの瓶ビ-ルを買っていたが、荷物検査を前にして、通過が不安になり慌てて飲み乾していた。
機内食を下げに来た際にも追加で1本ビ-ルを頼み、これで今日は丁度1.5㍑となった。
チェコに来て以来、ビ-ルが旅の目的になりつつあるが、ビ-ル好きにはこの国は堪らない。
ただ言えることとして、チェコに長居すると確実に体型が変わるので、強い自制心は必要だ。
ただ悲しいかな、僕にはそれがない。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |