FC2ブログ

2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

チェコのビ-ル~中欧周遊編(31)

2019年1月17日
テルチ~チェスケ-ブディェヨヴィツェ



DSC09645_convert_20191210220820.jpg
ビ-ルの町のモニュメント  ※バドワイザ-の名はこの町のビ-ルに由来する


『チェコ』と言えば、『ビ-ル』。

『ビ-ル』と言えばこれまでは『ドイツ』かと思っていたが、今回の旅で、僕の中では『チェコ=ビ-ル』と定義付けされた。
元々チェコのプルゼニュは、ピルスナ-ビ-ル発祥地でもある。
ピルスナ-ビ-ルとは下面発酵(ラガ-タイプ)のビ-ルのことで、1842年にプルゼニュで誕生した。
ボヘミアの軟水と大麦、ホップが合わさることで、これまでにない淡い黄金色のビ-ルが奇跡的に生まれたのだ。

昨年の東欧の旅でも2㍑ビ-ルをよく飲んでいたが、今回の中欧の旅でも、チェコに入って以来からだろうか、1.5㍑か2㍑のビックボトルを1日1本ノルマとして飲んでいる。
明らかに飲み過ぎのような気もするが、やはりこれくらい飲むと、さすがに飲んだ気にはなる。
値段が安いことでつい調子に乗っているが、最近では腹も出て、無駄なぜい肉も付いてきた。
それは鶏の丸焼きばかり食べていたせいで、ポッコリお腹になったナナも同様である。
二人とも日本に帰ったらまず、ダイエットから始めなければならない。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |