FC2ブログ

2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トゥシェビ-チ~中欧周遊編(29)

2019年1月15日
ブルノ~トゥシェビ-チ~ブルノ



DSC09486_convert_20191209133951.jpg
世界遺産 トゥシェビ-チのユダヤ人街と聖プロコピウス大聖堂 (2003年登録)


かつて南モラヴィアの中心都市として栄えた町、トゥシェビ-チ。
12世紀初頭にモラヴィア公爵が修道院を築いたことにより町が開かれ、13世紀に聖プロコピウス大聖堂とカレル広場が築かれたことで町は発展してきた。
しかし1468年に起こったハンガリ-軍の侵攻により町は衰退し、完全に復興が果たされたのは18世紀に入ってからのこと。

また、ここトゥシェビ-チにはチェコ最大規模のユダヤ人地区が残されており、各地でユダヤ教徒が迫害されていた時代に、この町では500年もの長きに亘り、キリスト教徒とユダヤ教徒が共存する社会が築かれていた。

DSC09499_convert_20191209135323.jpg
嗚呼、幸せ・・

≫ Read More

スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |