FC2ブログ

2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

プラハ行きのお粗末列車~中欧周遊編(26)

2019年1月12日
ワルシャワ~



DSC09053_convert_20191206233659.jpg
世界遺産 ワルシャワ歴史地区 (1980年登録)


どうなる、プラハ行きの夜行列車。
僕らの乗る350車両は本当にセカンドクラスでいいのかと思える程、座席は広々としていた。
足下はかなり広く、膝が前席に当たるどころか、足を延ばしても前の席に届かないくらい前席との空間がとられている。
各席には折り畳み式のテ-ブルが付いており、ライトはあるが残念ながらこれは壊れている。
リクライニングシ-トを倒せば、かなり快適に眠れそうだ。

そんな贅沢な車両内、乗客は僕らの他に、もう一組の女性2人しかいない。
乗車時は暖かかったが、何だか少し肌寒くなってきた。
そんな頃、車掌が僕らの車両にやって来た。
どうやらこの車両はヒ-ティングが壊れたようで、『後ろの車両へ移れ!』と言いたいらしい。
どおりで空いていたと言う訳か。

同じ車両にいた女性組と共に一つ後ろの車両に移ると、そこは6人用のコンパ-トメントだった。
確かにここなら暖かそうではあるが、何せほぼ満杯に近い。
無理に仲間させてもらえば座れないこともないが、リクライニングどころか、横にも前にも人がいる状況は僕には耐えられそうになかった。
それにコンパ-トメントは大概温度調整が難しく、暖かいを通り越して、暑苦しくなることも容易に考えられる。
それくらいならヒ-ティングのない寒い車両で、気兼ねなしに足を延ばして横たわれた方が僕はいいと思った。
昨年ベオグラ-ド(セルビア)からスコピエ(マケドニア)へと向かう夜行列車も強烈に寒かった。
そもそもこの車両は本当にプラハに向かうのかさえ、今では若干心配である。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |