FC2ブログ

2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ショパンでも聴きながら~中欧周遊編(25)

2019年1月11日
クラクフ~ワルシャワ



DSC08973_convert_20191204224926.jpg
フレデリック・F・ショパン(1810~1949)
DSC08964_convert_20191204224908.jpg
ショパンが最後に使っていたプレイエル社製のピアノ
DSC08979_convert_20191204224943.jpg
ショパンの髪
DSC09010_convert_20191204225002.jpg
ショパン博物館  ※音楽ファンでなくても是非訪れたい


偉大なピアニストであり、世界的な作曲家、フレデリック・F・ショパン(1810~1949)。
1810年にワルシャワ郊外のジェラソヴァ・ヴォラでフランス人の父とポ-ランド人の母の間に生まれた。
ショパンは生後7ヶ月の時にワルシャワへと移住し、そこで20歳までを過ごす。
7歳で初めて作曲をするなど『ワルシャワの天才児』と呼ばれていたショパンだが、体が弱く、療養の為ポ-ランドの田舎で過ごすことが多かった。

ショパンは20歳で活躍の場を広げる為ウィ-ンへと旅立つが、満足な活躍が出来ず、父の母国であるフランスへと移住し、そこで世界的な音楽家としての地位を確立していく。
当時のポ-ランドは、ロシア帝国の統治下に置かれていた時代。
ショパンがワルシャワを離れた1830年11月2日の僅か25日後に、ワルシャワ市民による蜂起が勃発した。
ショパンはポ-ランドへの望郷の思いを抱えながらも二度と母国へ戻ることは出来なかった。

39歳の若さで亡くなったショパンは遺言として、『体は戻れなくても、せめて心臓だけでも母国に持ち帰ってほしい』と姉のルドヴィカに伝える。
そしてその言葉通り、死後ショパンの心臓はワルシャワへと運ばれ、聖十字架教会の柱の中に安置されることになった。
ショパン博物館地下にあるリスニングル-ムでショパンの曲を聴きながら、僕は今、ゆっくり今日の日記を書いている。

DSC08924_convert_20191204225834.jpg
聖十字架教会  ※この柱の下にショパンの心臓が埋められている

≫ Read More

スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |