FC2ブログ

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

皇妃エリ-ザベト~中欧周遊編(18)

2019年1月6日
ウィ-ン



DSC08192_convert_20190812132614.jpg
世界一美しい図書館 国立図書館プルンクザ-ル
DSC08222_convert_20190812130741.jpg
女帝マリア・テレジアのフォ-クセット  ※王宮銀器コレクション


ハプスブルク家の発祥はウィ-ンではなく、スイス北東部からドイツ西南部にかけてだった。
元々そこを支配していた小貴族に過ぎなかったが、1273年ルドルフ1世が神聖ロ-マ帝国の皇帝に選出されたことをきっかけに頭角を表していく。
『戦いは他の者にさせるがよい。汝幸あるオ-ストリアよ、結婚せよ!』
これはマクシミリアン1世の有名な言葉であり、ハプスブルク家の家訓であった。
王家を発展させる為に、戦争ではなく、結婚政策によって版図を広げていくのだ。
中でも女帝マリア・テレジアの娘マリ-・アントワネットがフランスのルイ16世の妃となった話は有名だ。

しかし『日没無き大帝国』と呼ばれた無敵の王国にも、1859年のイタリア戦争の敗北によって、次第に陰りが見え始めてきた。
そして多くの民族の利害関係が入り乱れた結果、1867年にオ-ストリア・ハンガリ-二重帝国が形成される。
この時の国王はフランツ・ヨ-ゼフ1世で、妃がシシィの愛称で知られるエリ-ザベトだ。
こうして第一次世界大戦に突入するも破れ、ハプスブルク家は1918年に崩壊するまで、650年もの長きに亘り中央ヨ-ロッパを支配した。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '19中欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |