FC2ブログ

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

常念岳(3)~お猿さんに迎えられ

DSC00845_convert_20190625122004.jpg
やったね、常念岳登頂だ!


・・前回の続き


ほぼ貸し切りの山頂に腰を下ろし、しばし休憩とする。昼食におにぎりを食べ、お菓子をつまむ。他に登頂者は入れ替わりに数人いる程度だった。アンテナを立て、FMラジオを流す。山の上で聴く音楽は贅沢な気分に浸れて好きだ(昔はよく山頂でハ-モニカを吹いていた)。先程まで残っていた槍穂高の眺望は、いつしか雲に隠れ既にない。今日は雨が降らないだけでも良しとしたいが、折角の常念でパノラマが望めないのは多少残念ではある。時間を管理する僕的には、山頂で1時間くらいゆっくり過ごしてもいいと思っていたが、大志の希望により、休憩も程々に早速下山へと向かった。
DSC00848_convert_20190625170101.jpg
山頂で昼食
DSC00850_convert_20190625170114.jpg
蝶ヶ岳方面  ※稜線で堰き止められる積雲

山頂直下の岩場は確かに急で、小さな子供には難しいようだった。大志は怖がり、直ぐに泣き出した。幸い泣きは直ぐに治まったが、尻を付け両手を駆使しないと安全には下りれなかった。その後は僕が先行することなく、大志の直ぐ後ろに付け、アドバイスを送りながらゆっくりと下らせた。結局山頂での早発ちも、大志が自ら便通を感じたからだったようだ。さすがにこんな植物の無い場所でキジ撃ちする訳にもいかず、漏れそうだとキバリながらも何とか堪え、無事テント場のトイレにて大志用を足す。相変らず誰一人いない寂しい乗越に別れを告げ、稜線を後に。
DSC00851_convert_20190625170128.jpg
下山開始
DSC00852_convert_20190625170210.jpg
常念山頂への稜線も境雲   ※山でよく見かける現象だが正式名は不明
DSC00854_convert_20190625170221.jpg
乗越を後に

もう登らなくてもいいんだ・・という安堵感からか、大志の足取りは実に軽かった。急な階段や岩場は子供の短い脚では、かなりの危険がつきまとう。転倒してハシゴの鉄柱や針金にぶつかったものなら、出血を伴う大怪我は免れない。ただ実際はそういう箇所では余程注意しているので意外と事故は起こらない。逆に一見何のことはないただの下りで転倒し、どこか痛めることが多いように思う。実際大志はこの山行中、幾度となく転び、全身痣だらけになっていた。
DSC00855_convert_20190625170234.jpg
ベンチでお菓子
DSC00856_convert_20190625170248.jpg
原生林
DSC00859_convert_20190625170302.jpg
イワカガミ

最終水場の先、先ず一つ目の雪渓下りが始まった。この雪渓二つが帰路の要所と身構えていたが、思った程危うくなく、大志一人でも問題なく下ることが出来た。胸突八丁を終え、再び雪渓に出る。こちらの方が急勾配な為、ここは大志の手を握り、隣で何度も転びかける大志の支えとなった。後にソリを持った下山者と擦れ違ったが、仮にソリで勢いよく滑れたとして、止まりたい場所で制止は効くのかなと疑問に思った。
DSC00862_convert_20190625170320.jpg
最終水場から雪渓を下る

[広告]


DSC00866_convert_20190625170336.jpg
滑落注意の危険箇所  ※もちろん手を繋いで歩く
DSC00871_convert_20190625170421.jpg
胸突八丁を終え、再び雪渓

さすがは子供。登りは弱いが、下りは強い。この法則に大志もピタリ当てはまった。意外と弱音は吐かず、休憩もほとんど取らないまま、ひたすら下り続けた。その為僕のザックのお菓子はほとんど減っておらず、折角なので沢辺に荷物を下ろし、しばしお菓子タイム。こういう何気ない休憩の一コマも、後に大切なシ-ンとなって心に刻まれていくのだろう。ゴ-ルも差し迫った頃、大志が野生の猿を見つけた。猿は目がいいようで、僕がカメラを向けた瞬間、どこかへ飛び去ってしまった。プロトレックが示す標高のアップダウンは+100mを切り、ゴ-ルも間もなくと思われた。しかしここからが意外と遠く感じ、+-0に戻っても山行は尚も続いていた。DSC00873_convert_20190625170436.jpg
笠原沢
DSC00875_convert_20190625170453.jpg
猿の群れが現れた
DSC00878_convert_20190625170508.jpg
山の神様、今日一日有難うございました

後何分だ!と大志を励まし続け、終にヒエ平に到着。予想通り15時半には山行を終えることが出来た。よく頑張ったな大志、これはとても凄いことだぞ!姉のナナ(年長児)の時と比べ、1年大きいこともあり、時間にして3時間は早かった。車中泊宴会、山行、移動・・。その全てが大志にとってはとても新鮮で、終わってみれば全てが楽しかったようだ。次回はおそらく八ヶ岳にしようと思う。その際には是非、僕お勧めのシャトレ-ゼにも寄るつもりだ。
DSC00880_convert_20190625170524.jpg
日帰り完結

≫ Read More

スポンサーサイト

| 2019 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT