FC2ブログ

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

さらば、地球の歩き方~東欧周遊編(25)

2018年1月12日
スコピエ~ギリシア・テッサロニキ



055_convert_20181205190321.jpg
世界遺産 テッサロニキの初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群 (1988年登録)
061_convert_20181205190713.jpg
テッサロニキのシンボル ホワイト・タワ-


さらば、地球の歩き方・・。
何かと情報の誤りが多く、たまに不評の挙がる、我が国を代表する旅行本『地球の歩き方』。
しかし情報量は多く、個人旅行者にとってはこの上ない強い味方となっていることは確か。
もっとも最近は高級~中級クラスの旅行者にシフトしているのか、最低レベルを求める貧乏旅行者にはあまり役に立たない情報が多くなっているのが正直気に喰わない。

世界一周旅行者の大半がパソコンを持ち歩き、Wi-Fi環境を求めて、長い旅を続けている。
長期短期問わず旅行者の9割以上はスマホ片手に情報を探り、未だスマホを持たない僕のような時代遅れの旅人は稀な存在になりつつある。
その為、僕は未だにこの本をバイブルとして崇拝し、頼る部分はとてつもなく多い。
そして今日程、それを痛感したこともなかった。

昔、深夜特急の沢木耕太郎は、世界地図1枚だけで旅をしていたと、僕は記憶している。
全てを併せ持つ旅と、何も持たない旅・・。
旅のスタイルや意義は人それぞれだけど、確実に後者の方が苦労した分、深く心に刻まれる。
だからこそ、沢木耕太郎は旅を終えた10年後に、あんな大作を書くことが出来たのだろう。

今日僕はマケドニアからギリシアへと国境を越えた。
しかし肝心の『地球の歩き方』は国境ゲ-トを越えることなく、意に反して何故かスコピエへと逆戻りしてしまう。
そして願わずして、一切の情報を持たないギリシア旅が始まった。
世界地図すら持っていないこの悲惨な状況下、事態は深夜特急より深刻だ。
バスを降りたこの場所が、果たして一体何処なのか・・。
先ずはそこから紐解いていかなければならない。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '18東欧周遊編 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |