FC2ブログ

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

コソヴォの夜~東欧周遊編(22)

2018年1月9日
~マケドニア・スコピエ~コソヴォ・プリシュティ-ナ~グラチャニツァ~プリシュティ-ナ



047_convert_20180919153210.jpg
世界遺産 コソヴォの中世建造物群 (2004年登録)  ※グラチャニツァ修道院
057_convert_20180919153343.jpg
ビル・クリントンの像  ※ここまで一緒に歩いてきた青年と


ここはバルカンの小国コソヴォ、その首都となるのがここプリシュティ-ナ。
急遽計画を変更し、一気にここまで来ることになった。
この町ではツ-リストの姿はほとんど見かけない。
宿探しに苦労するとは思えないが、マイナ-な国であるが故、そもそも宿自体が多くない。
1軒目に覘いたホステルHANは個室が無いとあっさり断られたが、その隣で偶然別のホステルを見つけ、迷わずそこに飛び込む。

しかしここにも個室の空はなく、結局はドミに泊まることになったが、無事9時にチェックイン。
何より従業員のオバマ青年の人柄が良く、僕がお決まりのフレ-ズを促すと、『Yes、We、Can!』と笑顔で応えてくれた。
他の従業員の青年らも、皆印象はすごく良い。
コ-ヒ-、紅茶はフリ-で飲み放題。
8人用ドミ部屋(1人9€)を僕ら2人で貸し切ることになり、あえて個室(ダブル25€)が空いていなくてラッキ-だった。

・・夜9時。10人程の若者グル-プがス-ツケ-スを引っさげ、賑やかにチェックインしてきた。
先程までは従業員3人に対し、宿泊客は僕ら親子2人のみというガラ空き状態だったのに・・。
これまで僕はドミに対していい印象は持っていなかったが、この宿で印象は大きく変わった。
宿泊客各々に鍵付きのロッカ-や鍵無しの引き出しがあり、ベットにはカ-テンが付いており、ふわふわ布団は確実に寝心地が良さそうだ。
これなら今後はドミも積極的に利用してもいいかな、とさえ思った。

ロビ-で音楽を聴きながら、僕はワイン1㍑を飲み、そこそこいい感じに仕上がっている。
オバマ青年は家に帰ってしまったようで、代りに夜勤に就いた19歳の青年と少し話をする。
コソヴォはバスケットが盛んでバルカンリ-グというものがある・・ことや、国民的英雄の女子柔道金メダリストがいる・・など、自国ネタを幾つか青年から聞き出した。
ナナは今日の日記を書き終え、既にロビ-のソファ-ですやすやと眠っている。
旅も残り10日余りとなってきたが、ここまでよく乗り切ってくれたな・・。
娘の寝顔を見ながら、酔って少し感傷的になったからか、僕はしみじみとそう思った。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '18東欧周遊編 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |