FC2ブログ

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

日本人宿アンダンテ~東欧周遊編(18)

2018年1月5日
ブダペスト~センテンドレ~ブダペスト



013_convert_20180321173347.jpg
芸術の町センテンドレ  ※尖がり坊やが愛らしい
021_convert_20180321182922.jpg
丘の上のカトリック教会


伝説の日本人宿、アンダンテホステル。
『伝説』とは少し大袈裟に聞こえるが、世界にはこう言った日本人宿が少なからず存在する。
アンマンのマンス-ル、クスコのヤワタ、バラナシの久美子ハウス等、直ぐに浮かぶ宿は多い。
大概は日本人の経営で、日本人長期旅行者の溜まり場となっており、外国人の姿はない。
ロビ-には日本の漫画やガイド本が棚に並び、日本のテレビ番組だって見ることが出来る。
当然居心地は良く、何週間(何ヶ月)も滞在する長期旅行者、いわゆる沈没組が自分の家にでも居るかのように居座っている。

夜毎ロビ-に集まってくるのはそんな沈没組を中心に、大学を休学した若者、仕事を辞めて旅に出た社会人など、今も昔も大差はない。
ただ最近の学生はしっかりしており、40歳半ばの僕なんかより、余程知識も経験も豊富だった。
現在この宿で管理人をしている、金髪ロン毛のダイスケさん。
35歳の時に偶然訪れた本屋で世界を旅するバックパッカ-の存在を知り、それがきっかけで旅に出て早4、5年経つと言う。
それだけ長く旅していても、未だ帰国の予定すらないと言うのだから、実に羨ましい限りだ。
そして今夜はもう一人、とても興味深い男性が加わった。
僕の更に二回り上の方で、沢木耕太郎世代の古株旅行者であった。

スマホに全てを委ねる現代のバックパッカ-、これが100人中90人。
宿はスマホで事前に予約し、町では観光以上にブログの更新に忙しい。
次に、未だ『地球の歩き方』に頼る一昔前のバックパッカ-、これが100人中9人。
僕はここに属し、20年前と現在との違いは、カメラがデジタルになったことと、歩き方がカラ-になったことくらい。

そして最後に残るのが、100人中1人いるか否かの伝説の『深夜特急』世代のバックパッカ-。
ガイド本には頼らず、地図と現地で集めた情報だけを頼りに切り開いていく旅本来のスタイル。
この古株旅行者の方にしても、当然スマホなどは持っておらず、歩き方は一応持ってはいるがほとんど見ないらしい。
ただ何の為か(たぶん自己紹介と話題作り)、マッタ-ホルンに登った20代の頃の写真をレシ-トや航空券等とともにファイリングして持ち歩いていた。
この辺りの国のことは大抵知っており、政治のこと、外国情勢のこと、プロレスのこと音楽のこと等、何でも知っていてとても興味深い方だった。
046_convert_20180607210218.jpg
夜更かしは続く  ※伝説のバックパッカ-が力説中
002_convert_20180608162853.jpg
3月のライオン

≫ Read More

スポンサーサイト



| '18東欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |