FC2ブログ

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

チキンフル2羽に挑戦~東欧周遊編(15)

2018年1月2日
ブカレスト~ブラショフ



053_convert_20180313182103.jpg
雨のブラショフ
063_convert_20180313182648.jpg
人生初のダブルフル


2日連続の肉。
想像以上に物価の安い東欧に来て、嬉しいことに昨日から肉ばかり食べている。
アルコ-ル、特にビ-ルがただ同然に安いのも、呑兵衛には嬉しい限りだ。
ブルガリアでのス-パ-マ-ケットにも驚いていたが、ル-マニアは更に上をいっていた。
旅の醍醐味は、何といってもチキンフル(鶏の丸焼き)。
日本では滅多にお目にかかれないが、海外では何かと食べる機会に恵まれている。

今日は近郊の世界遺産(プレジュメルの要塞教会)を訪れようと行動を起こしたが、1時間待っても結局バスは見つからず(来ず)、残念ながら行くことは出来なかった。
それならと、快適な宿での豪華宴会が、代わりにメインイベントとなってきた。
僕自身も初めてとなる、チキンフル同時2羽。
1人1羽なんていう大胆かつ豪快な発想はこれまで考えもつかなかったが、昨年のスリランカでの旅の思い出が、僕の常識を覆してくれた。

あの時、ナナは小学3年生。
ロ-カルレストランで夕食をとり宿へと戻る途中、偶然軒先で炙られるチキンフルを発見。
夕食直後だったけど購入欲が抑え切れず、フル1羽とバケットパンを買って帰り、部屋で美味しく頂いた。
2人とも食欲はかなり旺盛で、夕食後だったにも関わらず直ぐに完食。
その記憶が今回蘇えり、2羽くらいたいしたことないだろうとの結論に至った訳だ。

ここはブラショフにある、老舗の大型ホテル。
テ-ブルの上に大きな丸焼き2羽を並べ、口直しにも合うバケットパンは各々の手元に配置。
ヨ-グルトは、口直し用に更にいい。
宴会用にスナック菓子も買い込み、飲み物はビ-ルにル-マニア産の赤白ワイン、それにオレンジジュ-スなど。
テレビからいかした洋楽を流し、薄暗い明かりが、妙にこの場の雰囲気とマッチした。

そして17時半、ついに宴会が始まった。
これまでの人生の中で、一番嬉しい17時半だったと2人とも鼻息は荒い。
先ずはナナに恐竜喰いをさせ、恒例の記念撮影。
このパフォ-マンスは半分やらせだが、僕も堪らずカメラを置き、ガツガツとかぶりついた。
この上ない環境の中で、今宵酒もたらふく飲み、全て片付けてやろうと意気込んでいた。

しかし18時を過ぎ、ペ-スが明らかに落ちてきた。
結果、18時半まで持たずして、2人とも早々にギブアップ。
これ以上は苦しいだけで、既に美味しさを感じ取れなくなっていた。
昨年より1歳成長したナナの大食いに期待していたが、そもそも2羽は量的に無謀だった。
効き過ぎている暖房のせいか、腹が満たされたことで、眠たさも感じ始めている。

食べ過ぎて気持ち悪くなると、酒も全く進まない。
昨日ビ-ルを2.5㍑飲んでとても楽しかったが、今日は1㍑で充分だった。
ワインは1本空けるつもりでいたが、結局最初に注いだグラス1杯しか飲んでいない。
やはり何事も腹8分目が丁度良いと痛感した、ブラショフの夜であった。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '18東欧周遊編 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |