FC2ブログ

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

移動で潰れた大晦日~東欧周遊編(13)

2017年12月31日
ソフィア~ル-マニア・ブカレスト



027_convert_20180308183659.jpg
1日かけての列車移動  ※ぶら下がっても開かない窓


本日は12月31日、大晦日。
何とか夜行での年越しだけは避けることが出来たが、今年は実に味気ない年越しとなった。
ここは3ヶ国目、ル-マニアの首都ブカレスト。
『ル-マニア』と聞いてもほとんどピンとこないし、『ブカレスト』という首都名さえも聞いた記憶はないに等しい。
しかし列車で見かけた若い女性は、いかにもル-マニア人らしい顔立ちをしていた。
ただ何をもってル-マニア人らしいと判断しているのかは、自分自身よく分からない。

ブカレスト到着後、19時からの宿探しは多少想定はしていたものの一筋縄にはいかなかった。
しかし今、こうして3人ドミの部屋を確保し、ナナは余程疲れたのか、既に眠りに就いている。
最悪野宿も覚悟していたが、先程味わった危うさから、この町では好ましくないことは分かった。
隣で眠る娘の寝顔を見ていると、あまり無理ばかりは出来ないなとも思う。
現在、22時34分。
今日はソフィアの宿で朝食を食べて以来、昼夜と何も食べれていない。
幸いウィスキ-は残っており、少しばかりはベットの上で年越し気分を味わうことが出来た。
ドミはあまり好きではないが、今夜に限っては一切の贅沢は言ってられない。

ここは、フレンズ・ホステル(Friends Hostel)。
おそらく、この町の中で最安の宿だろう。
時折窓の外で鳴り響く単発音は、ピストルの音にも聞こえている。
先程乗ってきた列車に銃痕の跡は幾つもあったし、危なげな町の雰囲気から言って、そうであったとしても別段違和感はない。
しかし実際この音は、年越しを祝う爆竹なのだろうと、正体は容易に想像出来た。
旅先で度々耳にする、大晦日の夜のこの音。
危うさに対して感覚が麻痺しないよう、町の空気を適切に読み取り、慎重に旅を続けたい。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '18東欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |