FC2ブログ

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

パムッカレの石灰棚~東欧周遊編(7)

2017年12月26日
~パムッカレ



038_convert_20180222173658.jpg
世界遺産 パムッカレ・ヒエラポリス (1988年登録)
049_convert_20180222171452.jpg
パムッカレの石灰棚
018_convert_20180222171030.jpg
高峰に抱かれたパムッカレの町


ここパムッカレは『綿の城』という意味を持つ、国内有数の温泉保養地。
壮大な石灰棚一帯は、聖なる都市ヒエラポリスの遺跡と共に、世界遺産に登録されている。
石灰棚の下部より入場し、靴を脱ぎ、冷えた棚の中を痩せ我慢して歩いて行く。
上から流れ落ちる水は冷たく、イメ-ジとは程遠い現実を前に残念な気分に包まれていた。
しかし上部に上がるにつれ次第にぬるま湯に変わり、足を浸す余裕が出始めてきた。
棚床に溜まった白い泥を足で掻き混ぜ、手に取っては泥遊びを楽しんでいる。
更に上へ上へと上がって行く。
石灰棚の上端まで来ると、程良い適温になり、ようやく温泉らしくなってきた。

天気も良く、雲一つない青空が石灰棚の上に大きく広がっている。
眼下にはパムッカレの町が広がり、町を見守るように白い峰々が高く聳えている。
時折パラグライダ-がふんわりと風に揺られ、棚の上をゆったりと下って行く。
石灰棚を流れる温かい湯に足をつけ、のんびりと数時間、贅沢な時を過ごした。
家族宛にポストカ-ドを書き、日記を書き、ナナはソロバンのドリルをこなしていた。
パラグライダ-に乗りたいな・・と、ナナが小さな声で呟いている。
確かにいい思い出にはなりそうなのだが、何せ高い代金を払うことに僕は躊躇っている。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '18東欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |