FC2ブログ

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

パシャバ-のキノコ岩~東欧周遊編(6)

2017年12月25日
ギョレメ~



038_convert_20180220174030.jpg
パシャバ-のキノコ岩  ※世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキア(1985年登録)
050_convert_20180220174319.jpg
ゼルヴェ屋外博物館
078_convert_20180220175053.jpg
ギョレメの町


見れば見る程、考えれば考える程、自分の中で謎は深まってくるばかりだ。
高さ20mはある長細い岩の土台の上に乗った白の躯体、更にその上には赤茶けた三角屋根の岩がポッコリと乗っかかっている。
その風貌は『キノコ』と言うよりも、岩の上に立つ『住居』と言った方がしっくりとくる。
これら3つのパ-ツは明らかに別のものだろうに、如何にしてそんな高い所にあるというのか。
到底、人力で成せる業ではないだろう。
仮に自然の造形だとした場合、何故に決まって同じ色の組み合わせなのか。
又、何故に一番上の岩だけ、決まって三角に尖がっているのか。

何万年という長い歳月をかけ地層が削られ、周囲が雨で洗われ、今の部分のみ残ったとしか考えようがない。
もしこの推測が正しければ、その組み合わせ、各パ-ツの長さが均一であることの証明はつく。
頂部の三角岩は、どうせ雨で削られたとでも言いたいのだろう。
それにしても、よく落ちないもんだな。
確かにカッパドキアは凄まじく、何度でも感動を与えてくれる。

ここにはギョレメで見た奇岩とは違った、別のカッパドキアが存在した。
ツア-バスが到着する度に、屋台のアイスクリ-ム屋が、トルコアイスを大袈裟に伸ばしながら大声を張り上げている。
『アンニョハセヨ、アイスクリ-ムオイシイヨ!』
よくもまぁ、あれが韓国人だと分かったもんだな。
それにしてもその掛け声、何かおかしくないかい。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '18東欧周遊編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |