2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

眠ることを諦めた~スリランカ編(26)

2017年1月13日
カタラガマ~マ-タラ



002_convert_20170317142943.jpg
とてもじゃないが、眠れない  ※深夜23時、ついに睡眠を断念
001_convert_20170317142934.jpg
これ以上被害者を出さない為に、壁に同胞宛のメッセ-ジ  ※鉛筆なので簡単に消えます


こんなクソ宿、もう懲り懲りだ

現在、深夜1時半。
その2時間半前の23時頃から暑さとかゆさで全く寝付けず、とうとう眠るのを諦めた
眠るのを諦める・・って、一体どういうこと??? 
眠るのを諦めたこと自体、当然僕は初めてのことだし、この部屋で横になっていること程辛いことはない。
隣のナナも浅い眠りの中で、体中をボリボリ掻きまくっている。

当初与えられた部屋には蚊帳があった。
しかし今の部屋にはそれがない。
当初与えられた部屋のファンは調子よく回っていた。
しかし今の部屋は最大にしても威力がない。
部屋とトイレの電気についても、当初の部屋は各々別々なのに、今の部屋はスイッチは一つで、夜トイレに行く度に部屋がパッと明るくなってしまう。

当初の部屋は、まだ良かった。
しかし鍵が見つからず、已む無くその2部屋隣の今の部屋に移された。
そもそもホテルなのに、何で鍵くらいちゃんと管理していないんだよ。
この移された部屋が、悲しいくらい実にお粗末だった。

日中は気付かなかったが、20時近くに部屋に戻ってきて、そのお粗末さを知ることになる。
慌てて受付にチェンジル-ムを申し出に行ってはみたが、既に自分だけ夢の中。
このやるせない思い、一体誰にぶつければいいのだ
宿代の1500ルピ-をさっさと返せ、バカヤロ-
昨日の780ルピ-の巡礼宿の方が余程マシだった。

そして今、当初与えられた部屋に勝手に入り、電気を点け、ファンを回し、日記を書いている。
ここは3階、無駄に広いフロアには4部屋あるが、客は僕ら以外誰もいない。
2階も無駄に広く、レストラン跡のようになっていて、テ-ブルとイスが無機質に置かれている。
そして受付は1階、客を余所に自分ばかり熟睡とは、どういうこっちゃ。
ここは、これまで僕が泊まってきた世界中の宿の中で、間違いなく一番のクソ宿だ

≫ Read More

スポンサーサイト

| '17スリランカ編 | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |