2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

シ-ギリヤ伝説~スリランカ編(13)

2017年1月2日
ダンブッラ~シ-ギリヤ~ダンブッラ



058_convert_20170215152830.jpg
世界遺産 古代都市シ-ギリヤ (1982年登録)
050_convert_20170215152714.jpg
シ-ギリヤ・レディ(美女のフレスコ画)  ※本物は撮影厳禁。これは博物館のレプリカ


今からおよそ1500年前、シ-ギリヤの岩山の頂上に王宮を築いた王がいた。
遡ること5世紀の後半、僅か11年の間この地を統治し、壮大な岩山に傑作を残した狂気の王カ-シャパの伝説は、広くスリランカの人々に言い伝えられている。

カ-シャパは、459年から477年にアヌラ-ダプラを統治し広大な貯水池を建造したダ-ドゥセ-ナ王の長男だった。
カ-シャパには、腹違いの弟モッガラ-ナがいた。
弟の母親は王族の血筋の女性であり、カ-シャパの母親は平民の血筋の女性だった。
この為カ-シャパは弟モッガラ-ナに王位の継承権を奪われるのを恐れ、実父ダ-ドゥセ-ナ王を監禁して王位を剥奪。
モッガラ-ナは兄の行為に憎しみを抱きながらもインドへと亡命。

その後カ-シャパは父ダ-ドゥセ-ナ王に対し、『隠している財産を全部出せ』と要求。
しかし父はそれに応えず、自分が建設した貯水池カラ-・ウェワに息子を連れて行き、池を指さし『これが私の財産の全てだ』と言った。
怒りに震えたカ-シャパは、父に恨みを持つ家臣に命じ、父親を殺させてしまう。

その後カ-シャパは、弟モッガラ-ナの復讐を恐れた為か、父を殺してしまった後悔と苦しみの為か、神懸ったようにシ-ギリヤの切り立った岩山に宮殿の建造を始めた。
そして7年後、カ-シャパは自分の王座をその頂上においた。
それから11年、インドから戦いを挑んできたモッガラ-ナに破れ、カ-シャパは自ら命を絶つ。
モッガラ-ナはシ-ギリヤの王宮を仏教僧に寄進し、ただちに首都をアヌラ-ダプラへと戻したのだった。

埋没していたシ-ギリヤ・ロックの宮殿が発見されたのは、カ-シャパ王が死んでから約1400年も後のこと。
イギリス植民地時代に入った、19世紀も後半のことである。
zPutImg_convert_20170215153340.jpg
天空に浮かぶ岩上の王宮  ※写真はWEBより

≫ Read More

スポンサーサイト

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |