FC2ブログ

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

宿から宿へ~スリランカ編(9)

2016年12月30日
トリンコマリ-~ポロンナルワ



002_convert_20170213175155.jpg
何かと良くしてくれたオ-ナ-(左)と同宿の日本人女性


トリンコマリ-を発つ朝、テラスのベンチに座り、朝の荒波を眺めながらインド洋の風を浴びる。
朝食用にと昨日買っておいたパンを食べていると、同宿の日本人女性もテラスにやって来た。
これで最後だと、ナナと二人海に素足を浸し、心地良い感触を体に刻ませておいた。
そして荷造りを終え出発しようとしていた頃、頼んでもいない朝食が僕らに対して出された。
紅茶(ミルクティ-)はこれで3回目、結局毎日頂いていることになる。
昨日はチョコやパンケ-キ等も付いてきたが、今日は大きなパンが一緒に付いてきた。
当然無料との認識でいるが、あまりにもの立派さから一抹の不安も抱いている。
日本人女性は有料の朝食を頼んでいたが、見比べると内容的には大差がないように感じる。

本日2度目の朝食を終え、オ-ナ-に支払いを行った。
支払うべきは、宿代2泊分と夕食代2日分の、計5600ルピ-。
少し不安は残っていたが、3度のティ-及びパン等、それに夕食時のライスお代わりはやはり全て無料のサ-ビスだった。
その上、オ-ナ-は娘の土産にと仏像(35ルピ-相当)までプレゼントしてくれた。

トリップアドバイザ-を誇らしげに掲げているくらいだから、余程口コミを気にしているのだろう。
又、僕がいちいち感動して写真ばかり撮っていることにも、多少の宣言効果を期待しているのかもしれない。
(その期待に応えてあえて言うなら、『この宿はすごくお勧めです。皆さんも是非!』)
そして何より僕が壁に書き込んだ『No.1!』の文字が、余程嬉しかったのだろうとも思う。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |