2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

最古の都 アヌラ-ダプラ~スリランカ編(5)

2016年12月26日
アヌラ-ダプラ



021_convert_20170206143905.jpg
世界遺産 聖地アヌラ-ダプラ (1982年登録)  ※かつての大乗仏教の総本山、アバヤギリ大塔
037_convert_20170206144001.jpg
スリランカ一美しいム-ンスト-ン  ※象が誕生、馬が老齢、ライオンが病、牡牛が死を意味する


今から2500年以上も前に築かれたスリランカ最古の都、それがここアヌラ-ダプラ。
紀元前3世紀に仏教がインドより伝わってからは、仏教都市として発展した。
そして仏陀の教えはこの地からスリランカ全土へ、タイ、ミャンマ-(旧ビルマ)、カンボジア等世界各地へと広まっていった。
しかし南インドからの侵入者との抗争を繰り返した結果、ここに栄えていた王朝は約1400年間で幕を閉じることとなる。

そんな大変歴史のあるこの町は、新市街、旧市街、遺跡地区の3エリアから成り立っている。
トゥクトゥクを半日貸し切って遺跡を回るという方法が一番手っ取り早いが、僕らはこの広い遺跡地区を自転車で回ることにした。
宿でボロ自転車を借りるも、当然無料だろ・・と思っていたが、そこはしっかり金を要求された。
そして朝7時半、ガイド本に載っている僅かな地図だけを頼りに、ペダルを漕ぎゆっくりスタ-ト。

≫ Read More

スポンサーサイト

| '17スリランカ編 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |