FC2ブログ

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

第26回チャレンジ富士五湖(1)~前日移動、観光

走り始めて2年目、この4月の富士五湖が僕のウルトラシ-ズンの幕開けとなる。今年は4月の富士五湖を皮切りに、6月の飛騨高山、9月の白山白川郷、10月の能登すず、と4本の出場を決めている。完走は絶対だとして、全レ-ス12時間台では走っておきたい。今年に入り、一応月300㌔を目標に走り込みはしてきた。そして土曜には30~50㌔のロング走、更に日曜はダメ押し走と、自分なりに少しは頑張ってきた。しかし今こうして大会に向かうに当り、完走の自信は前回(初レ-スの能登すず)とたいして変わらない。それは、いつも週末の35㌔程度のコ-スで味わうあのダルさ、絶望感。あと2周走ってこい!と言われても、その時の僕にはまずもって無理な話だ。

大会前日、朝6時半過ぎに実家を出発。自分の道楽ごときにあまりお金をかけたくないので、車での移動はもっぱら下道、宿泊は道の駅での車中泊。このスタイルはたぶん一生変わらない。車を運転中、ずっと”さくら道国際ネイチャ-ラン”のことを考えていた。僕の目指す最終ステ-ジではあるが、僕の実力では一生スタ-トラインに立つことさえ出来ないかもしれない。2015年のさくら道に参加した選手の”ランナ-回想録”というものがあり、僕はそれを印刷しファイリングしている。ここ数日は、寝る前にそればかり読んでいた。内容はどれも壮絶の極みで、涙なしでは読み進めることは出来ない。市販されているどんな活字よりも僕の心に深く響き、この上ない闘志を湧き立たせてくれた。さくら道のことを考えていると、今自分が挑もうとしている100㌔ごときは屁でもない。

気分が高まったまま、5時間半で現地に到着。まずは、精進湖。薄っすら浮かぶ富士の冠は、明日の眺望を期待させてくれる。続けて、本栖湖。有名なビュ-ポイントは、千円札に印刷されている富士山の絵柄だ。しかし富士山は雲に隠れ、一向に姿を現してくれない。車内でおにぎりを食べながら、しばらく雲行きを伺っていたが、結局姿を現さなかった。2016富士芝桜まつり、鳴沢氷穴、富士眺望の湯ゆらり、なるさわ富士山博物館・・。観光名所を幾つか見て回り、ここは道の駅なるさわ。明日の1:30起床に備え、19:30過ぎに狭い車内で横になった。   

004_convert_20160426151603.jpg
精進湖と富士山
008_convert_20160426151623.jpg
本栖湖  ※粘ったが、結局富士山は現れず
007_convert_20160426151633.jpg
ここが千円札富士のモデル
018_convert_20160426151714.jpg
2016富士芝桜まつり  ※入場料550円(割引後)、駐車場500円
011_convert_20160426151647.jpg
富士山は見れなかったが、花富士で我慢
020_convert_20160426151726.jpg
ムスカリ
022_convert_20160426152021.jpg
天然記念物 鳴沢氷穴  ※入場料300円(割引後)、↑画像クリックで拡大
028_convert_20160426151803.jpg
氷の壁(氷の貯蔵庫の再現)
034_convert_20160426151815.jpg
洞窟内の氷柱
037_convert_20160426152034.jpg
富士眺望の湯ゆらり  ※富士の眺めはいいが、1300円(割引後)は高すぎる
042_convert_20160426152045.jpg
なるさわ富士山博物館  ※道の駅敷地内にあり、入館無料


つづく・・
スポンサーサイト



| 2016 | 11:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |