FC2ブログ

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

空中都市マチュピチュ~南米編(37)

089_convert_20160318184258.jpg
世界遺産 マチュピチュの歴史保護区 (1983年登録)
01.jpg
ハイラム・ビンガムが見た発見当時(1911年)のマチュピチュ  ※WEBより引用


・・前回の続き


16世紀後半、スペイン人によってインカ帝国が征服されると、スペイン軍はインカの都市をことごとく破壊していった。
しかし標高2400mにあるマチュピチュは見つかることなく、ほぼ無傷のまま残されるに至る。
そしてインカ帝国の滅亡から400年近くを経過した1911年、ハイラム・ビンガム(アメリカの歴史学者)によって発見された時には、マチュピチュは草に埋もれ廃墟となっていた。

遺跡は標高2940mのマチュピチュ山と標高2690mのワイナピチュ山を結ぶ尾根に跨っており、麓からだと約400mもの標高差がある。
断崖と尖った山々に囲まれ、遥か下を流れるウルバンバ川は密林に覆われたジャングル地帯。
麓からその姿は確認出来ず、空中からしかその存在を確認出来ないことが、”空中都市”と呼ばれる所以なのだ。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '16南米編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |