FC2ブログ

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

国際電話に涙ぐむ~南米編(30)

2016年1月13日
~ラパス



055_convert_20160311114657.jpg
世界最高所にある首都、ラ・パス(標高3650m)  ※ライカコタの丘より
021_convert_20160311113856.jpg
サン・フランシスコ寺院(右下)
071_convert_20160311114926.jpg
山高帽と三つ編み姿のインディヘナの女性達


標高3650m、世界最高所にある首都として名高い、ラ・パス(La Paz)。
憲法上ボリビアの首都はスクレとされているが、1900年に行政機関がこの町に移ってからは、ラパスが実質上の首都となっている。
人口は約110万人、その内の半数以上を、インディヘナ(先住民族)が占めている。

町ではインディヘナの女性達を度々目にし、その顔つきや井出達は、どこかインカの面影を漂わせている。
山高帽から垂れる三つ編みした長い髪、恰幅のいい体型はスカ-トで覆い、カラフルな布地でたくさんの荷物を背負っている。

すり鉢状の町には、傾斜地にアドベ(日干しレンガ)造りの家々が建ち並び、上へ行くほど貧しい人々が暮らしている。
その範囲は日に日に広がっており、今ではすり鉢の上にエル・アルトと呼ばれる人口40万人もの町が誕生し、貧しさの象徴となっている。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '16南米編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |