FC2ブログ

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

世界遺産ポトシの大銀脈~南米編(28)

2016年1月11日
ポトシ~スクレ



039_convert_20160309161452.jpg
世界遺産 ポトシ市街 (1987年登録)  ※2014年危機遺産にも登録


世界遺産の町ポトシ、世界で一番標高の高い都市(標高4090m)として例えられているボリビアの山岳都市だ。
この町に聳えるポトシ山で、1545年に大銀脈が発見された。
16世紀に開かれた鉱山からは、銀の他にスズ、タングステンが次々と発見され、”富の山(セコ・リコ)”と呼ばれ一時代を築いた。
ポトシ市街は1987年に世界文化遺産に登録されたものの、奴隷制度の象徴として、2014年には負の世界遺産として危機遺産登録もされている。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '16南米編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |