FC2ブログ

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

物価高過ぎ、ブエノスアイレス~南米編(11)

2015年12月31日
~アルゼンチン・ブエノスアイレス



アルゼンチンの首都ブエノス・アイレスには、10時18分に到着した。
この町に対する僕の中での第一印象はとても良く、期待ばかりが膨らんでいた。
さすがは”南米のパリ”と称されるだけのことはあるな・・と。
004_convert_20160208165447.jpg
ブエノスアイレス到着

バスタ-ミナル到着後、まずは明後日のサンティアゴ(チリ)行きのバスの手配に取り掛かる。
しかしバス会社の数が多過ぎて、その窓口すら定まらない状況に敢え無く撃沈。
一先ずは諦め、又出直すこととする。

英国塔を頼りに現在地をつかみ、ホテルへと向かって歩く。
やっと苦労して辿り着いた上野山荘(日本人宿)にはあっさり満室と断わられ、非情にも振り出しに戻ってしまった。
値は少し高くなるがここは妥協し、祈る気持ちで次の候補へと向かう。
地元の人に尋ねながら宿を探すも、誰もこの宿の存在を知らず、僕も少し焦ってきた。
何度も往ったり来たりを繰り返し、住所を頼りにようやく辿り着いた。
こうして宿には到着したが、まだ喜ぶのは早い。
005_convert_20160208165500.jpg
英国塔

階段中腹でベルを鳴らし扉のロックを解除、2階受付に出向き早速2人泊まりたい旨を申出る。
いつだって、この瞬間が一番緊張する。
そして無事部屋をゲット、ここで初めて肩の荷が下りる。(精神的にも物理的にも)
シャワ-や洗濯等、夜行明けのホテルですることは大概決まっている。
一通りの用事を済ませ、昼過ぎようやく外に出た。

それにしても、本当に華やかな町だな。
ここが南米であることをつい忘れてしまいそうなくらい、あちこちに重厚な建物が目立つ。
目抜き通りとなるのが、フロリダ通り。
この通りには、闇両替が至る所に溢れていた。
『カンビオ、カンビオ?』
歩いていると次々とそう声がかかり、両替に困っていたブラジルとはまるで比にならない。
お前明らかに普通の人だろ・・、中にはそんな人も声を掛けてきた。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '16南米編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |