FC2ブログ

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

たった一夜のパラグアイ~南米編(8)

2015年12月29日
フォスドイグアス~パラグアイ・シウダ-デルエステ~アスンシオン



物価の高いブラジルから流れてきた者にとって、ここパラグアイほど落ち着く国もないだろう。
ブラジル西端の町フォス・ド・イグアスからパラナ川に架かる友情の橋を渡ると、そこは隣国パラグアイ。
広い南米大陸の中にあって、国土は日本と同じくらい。
周囲をアルゼンチン、ブラジル、ボリビアに囲まれ、海のない内陸国となっている。

国境の町シウダ-・デル・エステは活気に満ち溢れ、アジアを想わせる雰囲気が漂っていた。
活気がある、汚らしい・・、これらは僕が最も好む表現であり、物価は必然的に安くなる。
これで僕等も、ようやくまともな食生活が送れそうだ。

005_convert_20160204174146.jpg 006_convert_20160204174156.jpg
近距離バスタ-ミナル                     国境方面へのバス乗り場
011_convert_20160204174217.jpg 012_convert_20160204174429.jpg
ブラジル側国境ゲ-ト                     ブラジル側イミグレ
014_convert_20160204174442.jpg 019_convert_20160204174520.jpg
両国をつなぐ友情の橋                     国を隔てるパラナ川    
020_convert_20160204174530.jpg 021_convert_20160204174540.jpg
パラグアイ側国境ゲ-ト                   パラグアイ側イミグレ
022_convert_20160204174553.jpg 023_convert_20160204174603.jpg
国境の町 シウダ-デルエステ(パラグアイ)        バイタクの存在が物価安の証

≫ Read More

スポンサーサイト



| '16南米編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |