FC2ブログ

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

コルコバ-ドの丘~南米編(5)

2015年12月26日
リオデジャネイロ



042_convert_20160202204225.jpg
世界遺産 リオデジャネイロの景観群 (2012年登録)


海抜709mの絶壁の上に建つ巨大なキリスト像、そうここはコルコバ-ドの丘。
リオ・デ・ジャネイロという一都市だけに留まらず、ブラジル国の象徴と言ってもいいだろう。
ここから眺めるリオの町並みは、『山と海との間のカリオカの景観群』として2012年に世界文化遺産に登録されている。

1931年に建造されたこの像の高さは30m、横に広げた両手の幅は28m。
全身はろう石貼りで施され、重さは1145トンもあるという。
この雄姿は町中や遠く離れた海岸からも眺められ、この町はキリストによって守られているのだとまじまじと実感する。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '16南米編 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |