FC2ブログ

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夏の思い出

2015年の夏最後に、かけがえのない思い出が出来た。名古屋から遊びにやって来た、茂さんと森君。僕がまだ若かりし23歳の頃、名古屋で同じバイトをしていた旧友である。あの頃の僕等は本当に自由だった(今も好き勝手やっているが・・)。あれから20年が経ち、僕は少しばかり窮屈な人生に辿り着いたが、彼等は未だに変わらぬまま。人間味あふれた温厚なこの2人のことを、子供達は本当に好きなようだ(かなり図に乗っているが・・)。

15時前から始めたBBQは延々と続き、他愛もない話は尽きなかった。やがて日が暮れ、目の前のショッピングセンタ-も一日の営業を終えた。辺りは黒に包まれ、民家の明かりが点々と。コ-ルマンのガスランタンを焚き、テ-ブルに明かりを灯す。いつしかトランプ大会が始まった。久々の大富豪。『革命』、『8切り』、『階段』は一般的なル-ルのようだが、『5っとび』、『キング牧師』など子供ら限定の奇抜なル-ルが次々と飛び出した。今宵の目玉にと買っておいた白川郷のにごり酒も飲み干し、僕は気分よくハ-モニカを口にした。気付けばもうすぐ0時だ。宴はそろそろお開きとし、雨の中、庭のド-ムテントへと入った。
006_convert_20150831180651.jpg
車庫でBBQ
010_convert_20150831181811.jpg
ランタンを灯し、トランプで盛り上がる

そして翌朝・・のはずが、まだ1時半。はなっから嫌な予感はしていたが、それが現実となった。台風の山頂でテントを張ったこともあるし、少し自信過剰だった僕は完全に下界をなめていた。テントの下にシ-トを敷かなかったことが最大の要因だが、芝の水がテントの底や銀マットから染み渡り、シュラフを濡らし始めた。夢と現実の狭間で冷たさは感じていたが、起き上がり全身を触り、ことの重大さに驚いた。ジャ-ジ(下)はズブ濡れで長袖(上)もベタベタ。堪らず撤退を決意し、テントの中の3人を伺う。軽く声を掛けたら、嶺花だけが反応した。被害はそれ程でもないようだ。他の客人2人は熟睡していたし、後は嶺花に任せ、僕は家に避難した。そうしてベットに横たわるが、テントの3人が気になって眠れない。和室に布団を敷き、テントの嶺花にその旨を告げる。それから間もなく、外が賑やかになった。どうやら眠っていた2人も目を覚まし、皆家の中へ逃げてきた。僕以外、たいした被害がなく幸いだった。翌日、スイカ割りを楽しんだ後、帰りゆく2人を見送った。
029_convert_20150831181207.jpg
スイカ割り  ※この後、岳登がヒット
036_convert_20150831181220.jpg
夏の味覚
スポンサーサイト



| | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |