FC2ブログ

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

化石と鉱石~ジブラルタル海峡を越えて編(19)

2015年1月8日
マラケシュ



775_convert_20150325162704.jpg
店主のモハメッドと
779_convert_20150325162725.jpg
石好きには堪らない


さすがに同じ町、同じ宿に3泊ともなると、少しだらけてしまう。
しかし明日からの砂漠ツア-に向けて体調を整えるには、丁度良かったかもしれない。
僕の体調は完全に回復し、幸い嶺花にも感染しなかった。
嶺花はよく眠ることが健康の源なのだろう、今朝は13時間ぐっすりと眠っていた。
スゴイ・・、一日の半分以上を眠っている。

朝久しぶりにシャワ-を浴び、身支度を済ませ、外に出たのが11時近く。
移動の日なら次の町に到着し、宿を探している頃だろう。
マラケシュも見尽くしてきたが、今日の目的地をバヒア宮殿と決め、迷路のような旧市街を彷徨いながら進んで行く。

軒先に化石を並べた店で、僕の足が止まった。
しばらく興味深く鑑賞していると、店の奥に座っていた店主が立ち上がり声を掛けてきた。
『ユ-、ライク?』

確かに石は好きだけど、どうせ高いんだろ・・。
この段階では、まだ深入りはしない。
『ジャスト、ルキング・・』
喉から手が出る程欲しいのだが、その感情を読み取られたら、その先の交渉が不利になる。

『オ-ケ-、ウェルカム!』
店主もどうぞどうぞと、見るだけでも優しく受け入れてくれた。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '15ジブラルタル海峡を越えて編 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |