FC2ブログ

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

信州善光寺~長野・富岡の旅(1)

~3度目の行政書士試験を終え、しばしの間僕も解放された。今年は山はおろか、海にも近所の町にすら子供達を連れていってやれなかった。長女は来春、高校3年生になる。その翌年には僕等親の下を離れ、遠くに一人巣立っていくのだろう。8人家族でいられるうちに・・、親子の関係でいられるうちに・・。そんな思いから、僕等家族は旅に出た。家族として過ごせる残された時間、かけがえのない思い出を作る為に。どうせなら、中々行けない所にしようか。さすがに以前のように車中泊は厳しくなってきたので、伊東園泊を絡めての旅の計画とする。日本の世界遺産を巡る企画、第二弾。狭い車内7人で眠っていた頃が懐かしいが、その後次男が生まれ、各々の体も大きくなってきた。行き当たりバッタリ的な観光もあったが、それも又旅の醍醐味である。~



【日時】平成26年12月7日(日) 旅行1日目
【場所】自宅~長野~戸倉上山田温泉



020_convert_20150212190821.jpg
信州 善光寺
051_convert_20150212191632.jpg
川中島古戦場


信州善光寺。ここは1400年もの歴史を誇る、とても由緒ある寺院。全国には119箇所もの善光寺が存在するが故、『信州』という付け置きが必要となってくる。専用駐車場より石畳の参道を進み、仁王門をくぐる。ここは宝暦2年(1752年)の建立となるが、大地震により2度倒壊した。現在のものは大正7年の再建となり、対の仁王像が睨みをきかす。門には善光寺の山号である『定額山』の額が高々と掲げられている。
012_convert_20150212193321.jpg 013_convert_20150212193335.jpg
仁王門                              微笑み地蔵

両脇に土産物屋を従えた石畳の参道を進んで行くと、大きく立派な門が現れる。この山門は寛延3年(1750年)の建立となり、重要文化財に指定されている。屋根は平成の大修理において、建立当時と同じ栩(とち)葺きに再現された。楼上に掲げられた『善光寺』の額が印象的だ。この額は『鳩字の額』と呼ばれ、3文字の中に鳩が5羽隠されているという。更に『善』の一字が牛の顔に見えると言われ、確かに画像で確認すると鳩も牛もいた。六地蔵は輪廻を繰り返す6つの世界を現し、右から地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人界、天界の地蔵菩薩となっている。片足を踏み出しているのは、一刻も早く救いに行くという気持ちの顕れなんだとか。
042_convert_20150213170812.jpg
本堂(左奥)と山門
023_convert_20150212191118.jpg
吹雪舞う
017_convert_20150213163929.jpg 029_convert_20150213164159.jpg
母代り                               鳩と牛 ※画像クリックで拡大
025_convert_20150212193355.jpg 034_convert_20150212193410.jpg
六地蔵                              賢くなれますように

本堂は創建以来、不運にも十数回もの火災に遭っている。しかしその都度、善光寺を慕う全国の信徒によって復興されてきた。現在の本堂は宝永4年(1707年)の再建で、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されている。瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡るお戒壇巡り(有料)も興味深いが、ここまで来れただけで十分満足である。参道の土産物屋で長野名物のおやきを食べ、善光寺を後にする。
032_convert_20150213170631.jpg 036_convert_20150213170602.jpg
本堂で                              フォ-
039_convert_20150212191340.jpg
家族が揃った
014_convert_20150212202025.jpg 045_convert_20150212193017.jpg
むじな地蔵                            おやき

≫ Read More

スポンサーサイト



| 日本の旅 | 07:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |