FC2ブログ

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ハノイを歩く~東南アジア周遊編(19)

2014年1月6日
~ハノイ



快適だった寝台バスは夜明け前の4時半過ぎ、急かすように目的地ハノイの乗客を降ろした。
このバスはハノイが最終予定地ではなかったらしく、寝過ごしていたら大変な事になっていた。
バスの係員は昨夜の乗車前とは態度ががらり変わり、とにかく客への扱いがひどい。
さっさと出て行け・・、と言わんばかりに手で追い払われるように車外へと放り出された。

降ろされた場所、一体ここはどこなのだろうか。
バスタ-ミナルに到着すると思っていただけに、郊外の大通りで路頭に迷うのは僕等二人。
一緒に降りた他の乗客は全て地元民のようで、各々タクシ-に乗りどこかへ去っていった。
ここはタクシ-以外、選択の余地はなさそうだ。

ベトナム入国以来、英語はほとんど通じておらず、語学力よりも勘が重要となっている。
僕等の許に停まってくれたこのタクシ-も、例に埋れず英語は全く通じない。
そこで運転手は英語の話せる知人を携帯電話で呼びつけ、僕等の行き先を聞き出していた。
呼び出された男は無償の任務を終えると、再びバイクでどこかへ走り去っていく。
そして僕等はタクシ-に乗車した。

数分後、路上で別の男を拾った。
先程かけていた電話がこの打合せだったようで、この男は英語通訳の大役を担っていた。
雨のような時化った町を、男の指示に従って運転手は黙々とタクシ-を走らせた。
旧市街のドミまで運んでもらい、19.5kmで36000Dの支払い。
メ-タ-制だから、事前の交渉はしていない。
釣りは返ってこなかったが、よこせ、とは言えなかった。

ここハノイまで乗ってきた豪華寝台バスよりも値が張ると思うと、実にやり切れない。
だから僕はタクシ-が大嫌いなのだ、極力、出来れば絶対に避けたい乗り物の代表である。
昨日の両替といい、選択肢のない中に身を置いたが故の、避けられない敗北。

ハノイは宿が高い、日本出発前からこの程度の情報は得ていた。
唯一期待していたドミはあっさり断られたが、結果的にはこれで良かったのかもしれない。
まだ朝早過ぎて玄関を閉めているホテルが多く、明かりの灯っているホテルを順に当る。
値段は30~50$(米㌦)とどこも高く、僕等の望む最低クラスの安宿は中々見つからない。
そして駄目もとで覘いた5軒目、ようやく15㌦の手頃なホテルを見つけた。

しかし15㌦の部屋は空いていないようで、粘った末デラックスなトリプルル-ムを16㌦で泊めてもらえることになった。
部屋には大きなテレビ、風呂にはバスタブがあり、早速お湯を溜めて久々の湯に浸かる。
溜まっていた雑用を順番に片付け、数時間後ようやく外に出た。
CIMG1735_convert_20140521131708.jpg
豪華なトリプルル-ム  ※この質で16ドルとは驚きだ
CIMG1737_convert_20140521131935.jpg
バスタブだって完備  ※滑って死にそうだったが
CIMG1739_convert_20140521132226.jpg
中国系のこの宿は大当たり

≫ Read More

スポンサーサイト



| '14東南アジア周遊編 | 08:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |