FC2ブログ

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

秘められた石壺のミステリ-~東南アジア周遊編(17)

2014年1月4日
~シェンクワ-ン(ポ-ンサワン)



CIMG1654_convert_20140425191007.jpg
ジャ-ル平原 サイト3
CIMG1661_convert_20140425191939.jpg
サイト1にある最大の石壺

朝6時半、僕等は無事郊外にあるシェンクワ-ン・バスタ-ミナルに到着した。
バスは悲しいくらいオンボロで、前回乗ったビエンチャン行きのバスとは全くの正反対だった。
狭い、暑い、景色なし、音楽なし・・。
と言う事は、せめて今回は早く着くのだろうか。
無駄な期待が脳裏を過ぎっては消えた。

しかしその僅かな期待、これが意外にも叶ってしまう。
トイレ休憩はほぼ2時間毎にあり、運転手や乗客は誰も皆暗闇の野原でオ-プンに用を足す。
走行時間も12時間とまずまずで、エアコンなしでも夜半はとても寒いくらいだった。
結果として、オンボロバスでもこちらの方に、僕は軍配を上げたいと思う。
CIMG1631_convert_20140425185433.jpg
暗闇の休憩

乗り合いのトゥクトゥクに乗り、ポ-ンサワンの町を目指す。
今日はとても忙しい1日となる。
先程、明日朝発のベトナム・ビン行きのバスチケットを2枚購入してしまったから、何が何でも今日中にジャ-ル平原のツア-を終えなければならない。
本日のツア-が出発してしまう前に僕等もツア-を申し込み、宿の手配、出来れば久々のシャワ-でも浴びてさっぱりとしておきたいところだ。

乗り合いトゥクトゥクは意外にも誠意的で、低料金で僕等をゲストハウスまで運んでくれた。
1軒目に覘いたナイスゲストハウス、ツア-料金は1人250000Kと高く、一先ずここは見送る。
そして道向いの2軒目、1人200000Kと僅かながら値は下がってきた。
昼食も遺跡への入場料も込みということだし、他をあたっている時間もない。
宿泊費は80000Kと高いが見切りをつけ妥協、この宿で宿泊とワンデイツア-を申し込む。
CIMG1634_convert_20140425185628.jpg
ホワイトオ-キッドGH

≫ Read More

スポンサーサイト



| '14東南アジア周遊編 | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |