FC2ブログ

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

タイのアンコ-ルワット~東南アジア周遊編(8)

2013年12月27日
~コラ-ト



CIMG0931_convert_20140221174743.jpg
ピマ-イ遺跡  ※確かにアンコ-ルワットそっくりだ

11世紀、アンコ-ル朝のス-ルヤバルマン1世の治世に完成したとされるピマ-イ遺跡。
”タイのアンコ-ルワット”と称されるその例えには、自ずと期待も膨らんでいた。
入場口を抜け、そう広くない敷地内を、高鳴る鼓動を抑え先へと進む。
2頭の獅子(シンハ)、7つの頭をもつ蛇竜(ナカラ-ト)を抜け、サパン・ナカラ-ト(竜王橋)へ。
この砂岩で造られた石橋は、人界と天界をつなぐ橋とされている。

敷地より数段高いその橋の先には、ゴ-プラ(塔門)が他の方角の3塔と共に周壁を形成。
そしてこの周壁の内側こそが、神々の住む天界と信じられている。
南側塔門の先には参道が延び、その先にメインの中央祠堂が静かに佇んでいた。

『オッ!これは・・』

門越しに見た光景は正しくアンコ-ルワット、期待通りの結果にテンションも上がってきた。
この中央祠堂は11世紀の創建、インド古叙詩、仏教説話などが至る箇所に刻まれている。
遺跡公園内は建物が少ない為、気に入った箇所はじっくり時間をかけて見入る事が出来る。
このくらいが丁度いいや・・。
スコ-タイやカンペ-ン・ペッの広さに振り回された後だけに、その思いも一入だった。
CIMG0955_convert_20140221175217.jpg
蛇神と獅子

≫ Read More

スポンサーサイト



| '14東南アジア周遊編 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |