FC2ブログ

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

世界遺産スコ-タイ~東南アジア周遊編(5)

2013年12月25日
~スコ-タイ



CIMG0783_convert_20140131161834.jpg
世界遺産 スコ-タイ

8時間にも及んだ、気の遠くなるようなタ-ミナルでの長いバス待ちであった。
定刻の22:45を少し過ぎ、バスはようやくスコ-タイに向けて発車。
バス発着口やスコ-タイ行きバスの選定、番号で示されており迷うことはない。

新型の豪華2階建バスは、見かけだけでなくそのサ-ビスも豪華であった。
発車するや毛布が貸与され、水やジュ-ス、パンセットが乗客1人1人に配られた。
しかしこの手のエアコンバスは大抵どこも同じ、エアコンが効き過ぎてかなり寒い。
それなりの服装や毛布等を用意して乗車しないと、地獄の移動と化してしまう。

座席のリクライニングはそこそこ倒れるし、前には脚上げも付いている。
しかし前の乗客も背もたれを限界まで倒してくるのは当然の行いで、結果、脚は伸ばせても膝を立てる余裕がなく、窮屈で居心地は悪い。
僕等の乗った深夜特急は2時間おきに休憩していたが、ここはひたすら眠る事に集中した。
トイレはすぐ後ろにあり、この移動、トイレ休憩はさほど重要ではない。

スコ-タイへの到着時刻は知らされておらず、更にこのバスはスコ-タイが最終地ではない。
降り損ねぬよう、朝5時過ぎ頃からはいつでも飛び降りれるように備えていた。

『スコ-タイ!』

朝5時15分、突如大きなアナウンスが入り、車内がパッと一気に明るくなった。
どうやらここが、世界遺産の町スコ-タイのようである。

≫ Read More

スポンサーサイト



| '14東南アジア周遊編 | 15:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |