FC2ブログ

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

北バスタ-ミナル~東南アジア周遊編(4)

2013年12月24日
バンコク~



無事スコ-タイ行きの夜行バスを押さえる事が出来、正直かなりホッとしている。

宿近くのツア-オフィスでは、どこも夜行バスの手配は難しかった。
やはり、直接北バスタ-ミナルで買うしかないのかな。
しかし遥々出向いたとしても夜行を押さえられる保証はなく、夜行便があるのかも定かでない。
最悪、宿へ逆戻りして翌日の日中移動、スコ-タイそのものを諦めることも一応は考えていた。

今日は終日バンコク観光に充てていたが、何よりも次の町への移動手段があってのこと。
早々と観光を切り上げ、移動に入る。

カオサンで見かけたモ-タ-サイ(バイクタクシ-)、150Bで交渉成立。
宿に戻り、預けていたバックパックを背負って、嶺花共々原付バイクに乗っかかる。
出だしこそ浴びる風が心地良かったが、そんな気分はそう長くは続かない。

真中に座る嶺花はデイパックを前に抱え、後ろの僕はバックパックを背中に担いでいる。
体重移動が難しく、背筋を伸ばしたものなら、重荷ごとそのまま後ろに倒れてしまいそうだ。
こうした3人乗りは初めてではないが、これだけの距離となると危険度、疲労度はかなり増す。

振り落とされないよう必死に後部のバ-を握り締め、内股をギュッと絞め、ひたすら耐え忍ぶ。
こんな辛い目に遭うのなら、素直に200Bのトゥクトゥクにしておけばよかった。
嶺花は僕の前で居眠りしているようで、上半身が45度垂れてきた。
そんな嶺花を大声で励まし、何とか乗車30分で北バスタ-ミナルへと到着した。
CIMG0678_convert_20140131142113.jpg
モ-タ-サイ  ※運転手は笑顔だが、僕は必死だった

バンコク郊外にある巨大な北バスタ-ミナル、通称モ-チット・マイ。
窓口が多過ぎて、どこに並べばいいのかよく分からない。

取り合えず24番の窓口に立ち、今夜の便でスコ-タイに行きた旨を申し出る。
話は直ぐに伝わり、夜10時半発のスコ-タイ行きのチケットを無事ゲット。
その時まだ14時半、随分先の長い話である。
満席も覚悟していただけに、早く来た事が功を奏したのだろう。
CIMG0685_convert_20140131141935.jpg
今夜くらいはケンタッキ-
CIMG0687_convert_20140131142315.jpg
意外と居心地がいい

≫ Read More

スポンサーサイト



| '14東南アジア周遊編 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |