FC2ブログ

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

極寒の八達嶺長城~黄金のベンガル編(32)

2012年1月20日
北京



ついに僕達の旅も、ここ万里の長城まで辿り着いた。
この果てしなく長い城壁は、延々と延々とどこまでも続いている。
インドのジャイプル郊外にも似たような城壁があったが、スケ-ルを更に大きくしたものがこの万里の長城となる。

中国を代表する観光名所であり、世界遺産の中心格ともいえる貴重な場所だが、何せ寒い。
雪こそ降ってはいないがその寒さはハンパではなく、ただここに居るだけでかなり堪える。
一応昨日の反省を踏まえ、ズボンは2枚重ねて穿き、チャダル(マフラ-)に毛糸手袋、岳登は毛糸帽も持参している。
それでもこの冷気は僅かな弱みに付け込み、無防備の僕の顔面、敗れた手袋の指先に猛烈に襲い掛かってきた。

入場手前の土産物屋で長城オリジナルの毛糸帽を買い、何とか頭だけは死守した。
しかし指先は麻痺して既に感覚がなく、カメラのボタンを押す事さえ容易ではない。
ダラダラ止まらぬ鼻水はみそぼらしく垂れ下がりブランコのように揺れているが、もうそんな事はどうでもいい。
つい先日シタクンドゥの山登りでは半袖だっただけに、そのギャップには参ってしまう。
僕等は偉大な歴史的建造物を前にして、自然の猛威にただただ脅える事しか出来ないでいる。
P1080492_convert_20130122101456.jpg
世界遺産 万里の長城

≫ Read More

スポンサーサイト



| '12黄金のベンガル編 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |